ニュース

今季限りで退任のオリックス福良監督が総括「負けた試合しか思い出せない」

無断転載禁止
総括会見でこれまでを振り返る福良監督 [写真=どら増田]

シーズン最終戦を前に


 今シーズン限りでの退任を表明しているオリックスの福良淳一監督が5日(金)、シーズン最終戦の試合前に京セラドーム大阪内で総括会見を行った。

 この日、現役を引退する小谷野栄一の引退記念Tシャツを着て姿を見せた福良監督は、今シーズンの4位が確定したことを受け、「またBクラスということで、ファンの皆さんには申し訳ない」と謝罪。CS出場が狙える状況からの失速に関しては「自分の力のなさ」とした上で、「前半戦はピッチャーが本当に頑張ってくれた。野手の方がもうちょっとでしたね」との見解を示した。

 また、投手陣の中では、勝利の方程式を担った増井浩俊、山本由伸、吉田一将の名前を挙げ、「よく頑張ってくれた」と称賛。打者に関しては、過去2年ケガに苦しみながら3年目にして規定打席に到達した“新4番”の吉田正尚の活躍に目を細めた。

 代行時代も含めると3年半という監督期間に優勝できなかった要因については、「選手層を厚くできなかった」ことを挙げた一方で、「きのう投げた榊原もそうですし、(山本)由伸も今年あれだけやって、来年は大事になると思う。故障はしたけど田嶋大樹も頑張ってくれたし。(吉田)正尚が今年全試合出て、宗も頑張っている。あとは若月ですかね(笑)」とも述べ、今後のチームを担うべき若手の台頭を前向きにとらえていた。

 その後、監督生活で一番の思い出を尋ねられると、「負けた試合しか出てこない。悔しい試合というか。そういう試合展開が多かっただけにね」との思いを口にし、自身の最終戦に向けては「自分のことはどうでもいいので、栄一はしっかりと送り出したい」と同日の試合が引退試合となる小谷野を思いやるコメントを残した。


取材=どら増田
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西