ニュース

黒木氏、大谷翔平にエール「焦らずじっくりやって」

無断転載禁止
エンゼルス・大谷翔平
 6日に放送された『高嶋ひでたけと里崎智也 サタデーバッテリートーク』の『ひでたけ ともやのロッカールームへようこそ』というコーナーに、プロ野球解説者の黒木知宏氏が登場しエンゼルス・大谷翔平について語った。

 黒木氏と大谷は、2013年から5年間日本ハムでコーチと選手の間柄。教え子でもある“二刀流”・大谷について黒木氏は「まだまだ成長します。色んな問題が出ていますけど、あれほどの素材で、人間性、野球に関する取り組み方、全てにおいてスーパーな選手。まだまだこれからも野球ファンは、魅力的な大谷選手を見られると思いますね」と話し、「モノが違いますよね。プラス努力もする。しかも最短で合理的な努力をする。本当に指導するというよりは、見守るだけで十分な選手でした」と絶賛した。

 今季から活躍の舞台をメジャーに移した大谷は、野手で22本のアーチを描き、投手としても4勝を挙げたが、シーズンが終了してすぐに右肘のトミージョン手術を受けた。来季中に投手としての復帰は難しいが、野手として出場する可能性は高い。黒木氏は「オフの間に主治医とトレーナーとコンディショニングのコミュニケーションを取って、自分の状態を把握してリハビリができれば、来年は野手として出る事は可能ですね」と太鼓判を押す。

 その一方で、「男気を出すんですよ、男気を出すタイミングを間違わなければいいんですけど、なんとかチームのためにと無理すると怖い」と心配する。

 それでも最後は大谷に「長い野球人生の何カ月かだと思いますので、焦らずじっくりやってください」とエールを送った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM