ニュース

中日・荒木「背中を押していただき感謝」 引退試合で2安打フル出場

無断転載禁止
現役最後の一戦を終え、花束を手にする岩瀬仁紀(左)と荒木雅博(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.10.13 14:00
中日ドラゴンズ 2 終了 3 阪神タイガース
ナゴヤドーム
● 中日 2 - 3 阪神 ○
<25回戦・ナゴヤドーム>

 中日の岩瀬仁紀投手と荒木雅博内野手が引退セレモニーを行い、涙でファンに別れを告げた。

 荒木は引退試合にもかかわらず、「1番・二塁」で先発フル出場。初回と8回にそれぞれ右前打を放ち、本拠地ファンを沸かせた。8回には二盗を試みたが、阪神・梅野のストライク送球によりタッチアウト。今季初盗塁は決められず、20年連続盗塁とはならなかった。

 試合後は同い年で元同僚の阪神・福留から花束を受け取り号泣。引退のあいさつではチームファーストの荒木らしく、「たくさんのご声援をいただいたにもかかわらず、クライマックスシリーズに出場できなかったことを選手を代表してお詫びします。申し訳ありませんでした」と頭を下げた。

「23年間、たずさわっていただいたすべての監督、コーチ、チームスタッフの皆様、選手のみんな、本当にありがとうございました。何よりファンの皆さま、引退する最後の日まで背中を押していただき、感謝してもしきれない気持ちでいっぱいです」と竜党に感謝。そして「最後まで残ってくれた福留選手、藤川選手、思い出をいっぱい作らせてもらいました。そして、阪神ファンの強烈なヤジ、今となってはいい思い出です」と語り、阪神ファンからも拍手を浴びた。

「最後に、岩瀬さんという大投手とともに、引退セレモニーを催していただいたことに感謝します」と頭を下げ、レジェンド左腕とともに場内を一周。惜しまれながらグラウンドを去った。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西