ニュース

DeNAが今永・三上ら4選手を「豪州リーグ」へ派遣

無断転載禁止
DeNA・今永昇太=横浜スタジアム(C)KYODO NEWS IMAGES

今年7月に業務提携


 DeNAは14日、今年7月に戦略的パートナーシップを締結したキャンベラ・キャバルリー(オーストラリアン・ベースボールリーグ)に今永昇太投手(25)、三上朋也投手(29)、国吉佑樹投手(27)、青柳昂樹外野手(21)の4選手を派遣することを発表した。

 オーストラリアン・ベースボールリーグは2010年にプロリーグとして発足したオーストラリアの国内プロ野球リーグで、現在は全8球団が参戦。日本のプロ野球のオフにあたる11月から2月までの期間にレギュラーシーズンとポストシーズンを行っている。

 今回派遣が決まった4選手は、18年11月上旬から19年1月末まで、キャンベラ・キャバルリーの一員としてシーズンを戦う。


各選手のコメント


▼ 今永昇太
今シーズン不調に陥った時に、復調するきっかけを掴めず、
自分の引き出しの少なさを痛感しました。
納得する成績を出すことができずに、
自分の実力を痛感したシーズンとなりました。
もう一度、気持ちを前面に出すという投球を取り戻したいと思い、
ウインターリーグへ参加することになりました。


▼ 三上朋也
日本以外の野球に触れることで、
自分の野球に対する考え方の幅を広げたいと考えました。
また、日本のプロ野球以外の打者と対戦することで、
新たに勉強できることもあり、得られるものも多いと思っています。
環境を変え、自分の今持っている力を試したいと思います。


▼ 国吉佑樹
シーズン終了後も、実戦でプレーが出来ることに一番の魅力を感じました。
日本のプロ野球以外の打者と多く対戦することで、沢山の収穫があると思います。
また野球だけではなく、全く違う文化や環境の中に身を置くことで様々な人と出会い、
野球の技術以外の精神面でも大きく成長することが出来ると考えています。


▼ 青柳昂樹
慣れない環境の中で、自分を成長させたいと思いました。
課題である打撃をとにかく磨きたいです。
言葉の壁や野球以外の部分でも苦労すると思いますが、
そこも乗り越えて成長したいと考えています。
来年で4年目を迎えますが、この3年間は実戦で力を発揮できない部分が多かったので、
気持ちの変化も含めて成長できるこのチャンスに志願しました。



ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西