ニュース

3位・日ハム、ファイナルS進出ならず 田尾氏「反発力を…」

無断転載禁止
6回、ソフトバンクの本塁打にリクエストするが判定は覆らず、さえない表情の日本ハム・栗山監督(中央)=ヤフオクドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.10.15 18:00
福岡ソフトバンクホークス 5 終了 2 北海道日本ハムファイターズ
ヤフオクドーム
パCSファーストステージ第3戦
○ ソフトバンク 5 - 2 日本ハム ●
<10月15日 ヤフオクドーム>

 3位・日本ハムは、2位・ソフトバンクに2-5で敗れ、ファーストステージで敗退した。

 日本ハムの先発・杉浦稔大が1-1の4回にデスパイネに勝ち越しソロを浴びると、2番手・井口和朋も松田宣浩に一発を食らった。1-3の6回に近藤健介の適時打で1点を還したが、その裏にこの回からマウンドにあがったトンキンがデスパイネ、中村晃に連続被弾。2-5の9回に二死走者なしから鶴岡慎也が右安を放つも、田中賢介が二飛に打ち取られ試合が終了した。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター CSファーストステージ第3戦 ソフトバンク-日本ハム戦』で解説を務めた田尾安志氏は「接戦でやられたということもなく、ある意味完敗ですよね。ホームラン5本打たれて、それに反発できることなく終わってしまった。特に今日のゲームに関しては反発力を感じませんでしたね」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM