ニュース 2018.10.15. 22:58

鷹がファイナル進出! 工藤監督、加治屋のリベンジ救援に「おめでとう」

無断転載禁止
ソフトバンク・工藤公康監督
2018.10.15 18:00
福岡ソフトバンクホークス 5 終了 2 北海道日本ハムファイターズ
ヤフオクドーム
パCSファーストステージ第3戦
○ ソフトバンク 5 - 2 日本ハム ●
<10月15日 ヤフオクドーム>

 ソフトバンクがクライマックスシリーズ(CS)最多タイ記録となる1試合5本塁打で勝利。2勝1敗でステージ突破を決め、リーグ覇者・西武が待つファイナルステージ進出を決めた。

 初回に飛び出した2番明石の先制ソロを口火に、5番デスパイネの2打席連続弾など計5本塁打。すべてソロだったが、一発攻勢で日本ハム投手陣を攻略した。投手陣は早めの継投が光り計2失点。第2戦で敗戦投手となった加治屋は、8回に前日痛打された大田、近藤らをキッチリと封じ、3者凡退で抑えの森にバトンを渡した。

 工藤監督は勝利インタビューで「声援が力となり、勝つことができました。ありがとうございました」とファンに感謝。1試合5本塁打の打線については「打席の中でみんなが集中してくれて、いいホームランを打ってくれた。絶対勝つんだという強い思いが、バットに乗り移ったホームランだったと思います。選手たちの心の強さというものを改めて感じました」と称えた。

 先発の東浜に関しては、「魂を込めて投げてくれた。普段の倍くらいは疲れると思い、早めに代える決断はしていた」と、5回途中降板の意図を説明。救援陣については石川、嘉弥真らの力投を称え、4番手の加治屋に関しては、「(日本ハム打線に)リベンジができてよかった。この1年頑張ってきて、今日また投げて、抑えてくれて本当によかった」と振り返り、インタビューをベンチで聞いていた加治屋に対し、「おめでとう」と労いの言葉を送った。

 17日からは西武とのファイナルステージが開幕。「日本ハムさんはすごく強かった。そういう中でしっかりと勝てて、また選手たちの成長にもつながったと思いますし、とにかくファーストステージの代表として、西武と戦って日本シリーズに行けるように頑張っていきたいと思います」と力を込めた。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西