ニュース

ソフトB・松田宣浩に期待 田尾氏「ノッていけるかなと感じた」

無断転載禁止
ソフトバンク・松田宣浩(C)KYODO NEWS IMAGES
 17日からクライマックスシリーズも日本シリーズ出場をかけたファイナルステージがスタートする。

 パ・リーグ2位から下剋上で日本シリーズを目指すソフトバンクは、1勝1敗で迎えた日本ハムとのファーストステージ第3戦、ポストシーズン最多タイとなる5本のアーチを描き勝利し、ファイナルステージ進出を決めた。

 “熱男”のパフォーマンスでお馴染みの松田宣浩にも一発が飛び出した。ファーストステージは第2戦が終了した時点で、8打数0安打と当たりが止まっていた。15日の第3戦も第1打席一飛に倒れていた。

 それでも2-1で迎えた3回に2番手・井口和朋のスライダーを振り抜くと、打球はレフトスタンド中段に突き刺す特大な一発となった。松田は7回の第4打席にもレフト前ヒットを放ち、マルチ安打をマーク。西武とのファイナルステージを前に、弾みをつけた。

 15日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター CSファーストステージ第3戦ソフトバンク-日本ハム戦』で解説を務めた田尾安志氏も「ずっとヒットがでなかった松田にホームラン、その後にヒットも出た。これでちょっとノッていけるかなと感じましたね。楽しみになってきました」と期待を寄せた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM