ニュース

前田健太、ピンチ招き降板もPS4戦連続0封 後続ふたりが見事な火消し

無断転載禁止
ブリュワーズとのリーグ優勝決定シリーズ第4戦に登板した前田

ブリュワーズの2勝1敗で迎えた第4戦


 ドジャースの前田健太投手が16日(日本時間17日)、ブリュワーズとのリーグ優勝決定シリーズ第4戦に救援登板。後続投手に助けられながらも1/3回を無失点に抑え、ポストシーズン(PS)4試合連続の無失点とした。

 前田は1-1で迎えた7回に3番手として登板。先頭の7番ピーナに対し、初球のカーブでストライクを先行させたが、2球目の直球を捉えられると、打球は右中間を破る二塁打となった。続くアルシアは、スライダーでタイミングを外し左飛。一死二塁でブリュワーズは9番投手の打順となり、代打で左打者のグランダーソンをコールした。

 ここでドジャースのロバーツ監督も動き、前田から左腕のファーガソンにスイッチ。ファーガソンはグランダーソンを中飛に仕留めると、二死三塁から、今度は5番手・マドソンが1番ケインをニゴロに退けた。

 ドジャースは小刻みな継投で勝ち越し点を許さず。前田は1/3回で3球を投げ、1安打無失点の内容。後続投手の好リリーフにも助けられ、ポストシーズン4戦連続無失点とした。

 試合は1-1のまま終盤戦に突入。ドジャースが勝利すれば2勝2敗のタイ。敗れれば1勝3敗となり、ブリュワーズに王手をかけられる。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西