ニュース

広島、日本シリーズ進出に王手! 8回二死から逆転、新井同点打&菊池3ラン

無断転載禁止
8回に同点二塁打を放つ広島・新井(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.10.18 18:00
広島東洋カープ 4 終了 1 読売ジャイアンツ
マツダスタジアム
セCSファイナルステージ第2戦
○ 広島 4 - 1 巨人 ●
<10月18日 マツダスタジアム>

 広島が8回に一挙4点を奪い逆転勝ち。連勝でアドバンテージを含めた対戦成績を3勝0敗とし、2年ぶりの日本シリーズ進出に王手をかけた。

 広島打線は、巨人先発・田口の前に6回まで1安打無得点。7回も2番手・畠に3者凡退に封じられたが、1点を追う8回、二死無走者から打線がつながった。

 続投した畠に対し、二死から代打・松山が四球で出塁すると、代打・新井の打席で、代走・上本が二盗を決めた。一打同点の状況となり、本拠地の盛り上がりは最高潮。ここでベテランが、技ありの同点適時二塁打を左翼線へ運んだ。

 さらに1番田中が四球でつなぐと、続く菊池は2ボール1ストライクからの4球目を強振。これが左中間席へ飛び込む3ランとなり、一気に3点を勝ち越した。

 先発のジョンソンは6回に先制されたものの、8回2安打1失点の粘投が実り勝利投手。9回はピンチを招きながらも、中崎が無失点で締めた。

 巨人は先発の田口が6回無失点の快投。6回表に3番マギーの適時打で先制し、1点リードの7回から継投に入ったが、8回に2イニング目となった畠が一気に4点を失った。近年、苦戦続きの敵地で痛恨の逆転負け。崖っぷちに立たされた。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西