ニュース

ソフトバンク2年連続の日本S進出に王手 西武は崖っぷち、4戦合計38失点

無断転載禁止
2回に甲斐(手前)が2ランを放ち盛り上がるソフトバンクベンチ(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.10.20 14:00
埼玉西武ライオンズ 2 終了 8 福岡ソフトバンクホークス
メットライフ
パCSファイナルステージ第4戦
● 西武 2 - 8 ソフトバンク ○
<10月20日 メットライフ>

 ソフトバンクが快勝。通算成績を3勝2敗(西武の1勝アドバンテージを含む)とし、2年連続の日本シリーズ進出に王手をかけた。

 ソフトバンクは初回、4番柳田の左越え2ランで先制。逆方向へ豪快弾を放った主砲は、「自分のよいスイングができました。立ち上がり先制できたのはよかったです」と振り返った。2回も9番甲斐が左中間席への2ランを放ち、「真っ直ぐを久しぶりにしっかり捉えられました。2アウトから追加点を取れたのは大きかったです」と話した。

 2点リードの7回は押し出し含む4つの四球を絡め、5番デスパイネの適時内野安打、7番内川の2点適時打で8-2と西武を突き放した。

 先発の東浜は、ファーストステージの日本ハム第3戦から中4日で登板。2ラン被弾による4回2失点で降板したが、「初回から全力でいきました。ホームランは打たれてしまいましたが、何とか粘ることができた。早い回で降板してしまいましたが、チームが勝つことが一番」と役割を果たした。

 5回から登板した2番手・武田は、要所を締め2イニングを無失点。7回以降は石川、加治屋、森の必勝リレーで締めた。

 対する西武は、「いつもよりカウントは整えられましたが、決め球を厳しく投げきれませんでした」と話した先発・今井が、5回途中4失点で負け投手。7回は増田とマーティンが四球から崩れ、致命的な4点を失った。西武はこれで、初戦10失点、第2戦5失点、第3戦15失点、第4戦8失点。4試合で計38失点となった。

 打線は4点を追う3回、9番木村の2ランで追い上げムードを作ったが、中盤の好機で追加点を奪えず。ソフトバンクに王手をかけられ、崖っぷちに立たされた。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西