ニュース

今井達也、5回途中4失点で降板 西武は4試合連続で先発が大量失点

無断転載禁止
西武・今井達也=メットライフ(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.10.20 14:00
埼玉西武ライオンズ 2 終了 8 福岡ソフトバンクホークス
メットライフ

2番手・小川が好リリーフ


 西武の高卒2年目・今井達也投手が20日、ソフトバンクとのCSファイナルステージ第4戦(メットライフ)に先発登板。2回までに2本の2ランを浴び、5回途中4失点で降板した。

 今井は初回、二死から3番グラシアルに四球を与えると、続く柳田に、高めの直球を豪快に左翼席へ運ばれた。2回も二死から8番西田に絶妙なバント安打を決められると、続く甲斐に左中間席へ着弾する2ランを浴びた。

 3回、4回は先頭打者の出塁を許したものの、要所を締め無失点。2-4の5回は、一死から2番上林に左翼フェンス直撃の二塁打を打たれ、続くグラシアルを左飛に仕留めたところで降板となった。打席に柳田を迎え、西武ベンチは2番手・小川にスイッチ。左腕は柳田をニゴロに仕留めピンチを脱した。

 今井は4回2/3、2被弾を含む6安打2四球の内容で4失点。このシリーズの西武は、第1戦先発の菊池が5回6失点。第2戦以降も多和田6回5失点、榎田3回4失点と、4試合連続で先発投手の大量失点を喫した。

 第4戦は4-2とソフトバンクのリードで前半5回が終了。ここまでの対戦成績は2勝2敗(西武のアドバンテージ含む)で、この試合に勝ったチームが日本シリーズ進出に王手をかける。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西