ニュース

ソフトB・東浜、4回2失点 工藤監督「中4日というところも考えて」

無断転載禁止
ソフトバンクの東浜巨(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.10.20 14:00
埼玉西武ライオンズ 2 終了 8 福岡ソフトバンクホークス
メットライフ
パCSファイナルステージ第4戦
● 西武 2 - 8 ソフトバンク ○
<10月20日 メットライフ>

 中4日で先発したソフトバンク・東浜巨は4回2失点で降板した。

 2回まで4点のリードをもらった東浜は、強打の西武打線を2回まで1安打に抑える。しかし3回、先頭の外崎修汰に二塁打を打たれると、続く木村文紀に被弾。嫌なムードが漂ったが、1番・秋山翔吾、2番・源田壮亮、3番・浅村栄斗を三者連続三振に仕留め、最少失点で切り抜ける。

 東浜は4回二死走者なしから四球を与えたが、岡田雅利を遊ゴロに打ち取り無失点。4回を投げ終えたところで東浜の球数は77球だったが、5回からは武田翔太にマウンドを託した。

 試合後、工藤公康監督は東浜について「いい集中力を見せてくれた。(当初から)何回までというのはイメージしていなかった」と話し、「中4日というところも考えて、投手コーチから(肩の)張りが出てきている、という話もあったので」と交代の理由について説明した。

 5回からは武田、石川柊太、加治屋蓮、森唯斗の継投で逃げ切り勝利。工藤監督は「プレッシャーがかかって大変だとは思うが、リリーフがみんなよく投げてくれている」と救援陣を労った。

(取材・ニッポン放送アナウンサー洗川雄司)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM