ニュース

崖っぷちの西武 運命を分けた「6回の攻撃」

無断転載禁止
クライマックスシリーズで悔しさを味わった西武(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.10.20 14:00
埼玉西武ライオンズ 2 終了 8 福岡ソフトバンクホークス
メットライフ
パCSファイナルステージ第4戦
● 西武 2 - 8 ソフトバンク ○
<10月20日 メットライフ>

 第3戦・第4戦と痛恨の連敗を喫し、ホームながら崖っぷちに追い込まれたリーグ王者・西武。20日の第4戦で大きなポイントになったのが、6回の攻撃だった。

 1回・2回と立て続けに2ランを浴び、いきなり劣勢になった西武。それでも3回に2点を返して2-4とすると、6回には先頭の3番・浅村栄斗が安打で出塁。4番・山川穂高は四球を選んで無死一・二塁の好機を作る。

 つづく栗山巧は一ゴロも、走者は進んで一死二・三塁。犠飛でも1点を還せるという場面だったが、このチャンスに中村剛也が痛恨の見逃し三振。岡田雅利も見逃し三振に倒れ、得点を挙げることができなかった。

 チャンスを逸した西武は、直後の7回に4点を失って万事休す。2-8で敗れ、アドバンテージを含めた対戦成績で2勝3敗。形勢逆転を許し、崖っぷちに追い込まれた。

 20日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル CSファイナルステージ第4戦 西武-ソフトバンク戦』で解説を務めた山崎武司氏は、この“6回裏の攻撃”をポイントとして挙げ、「ライオンズも大チャンスがありましたよね。あそこで点数が1点も取れなかったというところですかね。“たられば”の話をしてはいけないですけど、あそこで点数が入っていれば、もっともっと面白いゲームになったのかなと思いますね」と分析した。


(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM