ニュース

山崎武司氏、西武・今井は「四球を出した後の…」

無断転載禁止
西武・今井達也
2018.10.20 14:00
埼玉西武ライオンズ 2 終了 8 福岡ソフトバンクホークス
メットライフ
 CS初登板となった西武・今井達也は、5回途中4失点で敗戦投手となった。

 今井は立ち上がり簡単に二死としたが、3番・グラシアルに四球を与えると、4番・柳田悠岐に先制2ランを浴びる。2回も二死走者なしから西田哲朗にセーフティバントを決められ、続く甲斐拓也に被弾。今井は3回と4回、走者を出しながらも無失点で切り抜けるが、5回二死二塁から柳田を迎えたところでマウンドを降りた。

 20日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル CSファイナルステージ第4戦 西武-ソフトバンク戦』で解説を務めた山崎武司氏は、先発した今井について「いい勉強したと思いますよ。必ず将来はライオンズのローテーションを背負っていくピッチャー。四球を出した後の強打者というところの課題ですよね」と語っていた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM