ニュース

有識者2人があすのドラフトを予想!根尾・藤原・吉田は抽選の結果…

無断転載禁止
ドラフト会議を大展望!

仮想ドラフト会議やってみた。



▼ 出演
小関順二(スポーツライター)
西尾典文(スポーツライター)
永松欣也(Timely!web編集部)


根尾・藤原・吉田・甲斐野が競合!


 いよいよあす、25日(木)に迫った『2018年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD』。毎年大きな注目を集める“運命の一日”に先駆け、ベースボールキングでは有識者を招いて“ドラフト会議シミュレーション”を開催。ファンにはお馴染みのスポーツライター・小関順二さんと西尾典文さんに、今年のドラフト展望を実際の流れに則りながら行ってもらった。




 最初の指名では、単独指名が2球団だけ。オリックスは「これまでの伝統」も加味し、社会人からHondaの即戦力右腕・齋藤友貴哉と攻めの予想。DeNAも「そろそろ右投手が欲しいのでは」との見立てから、日本体育大・松本航の指名を予想した。

 そして、他の10球団は“ドラフト名物”と言っても過言ではない抽選へ。今回は本番と同じ形式で小関さん、西尾さんにクジ引きも行ってもらった。その結果は…

【第1巡・重複抽選】
▼ 吉田輝星
◎ 楽天
× 巨人

▼ 藤原恭大
◎ ロッテ
× 阪神
× 広島

▼ 根尾 昂
◎ 中日
× 日本ハム
× ヤクルト

▼ 甲斐野央
◎ 西武
× ソフトバンク


 3球団競合の藤原、根尾はそれぞれロッテ、中日に決定。吉田は楽天、甲斐野は西武が当たりを引いた。(※この後、まさかの楽天・石井一久GMの「1位は野手」報道が飛び込む。)

 外れた6球団は本番と同じ流れで再入札。ここも重複するとクジ引きでの抽選となるが、果たして…?





 再入札の結果、巨人とヤクルトが東洋大・上茶谷大河の奪い合い。またしてもクジ引きとなった結果、巨人が当たりくじをゲット。ヤクルトは「外れの外れ1位」の指名を考えることになった。

 そんなこんなで、各球団の1巡目指名は以下のように確定。小関さん、西尾さんによる各球団・各選手の講評と、注目選手が多数残っている2位指名、お2人が考える隠し玉候補などはアーカイブ動画をチェック!




▼ 仮想ドラフト会議やってみた。



ドラフト当日も放送あります!


ドラフト2018速報ライブ ~あの選手の交渉権はどこが獲得?~

▼ 日時
2018年10月25日(木)16時30分~

▼ 出演
・加藤康幸(元楽天編成育成本部長、元オリックス編成部長)
・永松欣也(Timely!web編集部)
・MCしんぺー

▼ 形式
YouTube LIVE / Periscope

⇒ [YouTube] ベースボールキング公式チャンネル
⇒ [Periscope] ベースボールキング公式Twitter



ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西