ニュース 2018.10.24. 12:59

若き侍、OPラウンド全勝突破!完全アウェーのなか地元・コロンビアに逆転勝ち

無断転載禁止
逆転の三塁打を放ち、ワイルドピッチの間に生還したDeNA・大河

第2回 WBSC U-23ワールドカップ

● コロンビア 2 - 7 日本 ○
<現地時間10月23日 エドガー・レンテリア・スタジアム>

 19日にコロンビアで開幕した『第2回 WBSC U-23ワールドカップ』。連覇を目指す侍ジャパンU-23代表は、現地時間23日(日本時間24日)に行われたオープニングラウンド最終戦・コロンビア戦に逆転勝利。オープニングラウンド5連勝でスーパーラウンドへと駒を進めた。

 試合前の段階で4勝負けなし、すでにスーパーラウンド進出は決めていた日本。この日はオープニングラウンド全勝突破をかけ、開催国・コロンビアとの一戦に臨んだ。

 しかし、ここまで4戦中3試合で得点を挙げた初回を三者凡退で終えると、先発・寺島成輝(ヤクルト)が先頭打者に二塁打を浴びていきなりのピンチ。その後、一死一・三塁となり、4番のトーレスに安打を許して失点。今大会はじめて先制点を奪われてしまう。

 それでも、会場中が押せ押せムードのなか、寺島は冷静に後続を斬ってピンチ脱出。外野フライと空振りの三振に仕留め、初回はなんとか1点で切り抜ける。

 すると、打線が3回に反撃。無死一・二塁から2番・大河(DeNA)の2点適時三塁打で逆転に成功すると、つづく岸里亮佑(日本ハム)の打席で相手が暴投。この間に大河が本塁を陥れ、3-1と試合をひっくり返した。

 ところが、その後は攻めあぐねる展開。なかなか追加点を挙げられずにいると、6回にピンチ。寺島が先頭打者を四球で歩かせ、続く打者を外野フライに打ち取ったところでベンチは継投へ。しかし、2番手で登板した鈴木優(オリックス)がいきなり二塁打を浴び、さらに死球で一死満塁のピンチ。7番のラモスに犠飛を打たれ、1点差に迫られた。

 なおも二死ながら二・三塁とピンチは続いたが、ここは3番手・塹江敦哉(広島)が空振り三振に斬ってピンチ脱出。3-2とリードは死守する。

 すると7回、一死満塁のチャンスで3番・岸里が一二塁間を破る適時打。1点を追加すると、4番・内田は四球を選んで押し出しでもう1点。5番の安田尚憲(ロッテ)にも犠飛が飛び出し、この回一挙3得点。6-2とリードを広げた。

 日本は7回から成田翔(ロッテ)が2イニングを無失点で抑え、さらに1点を加えて5点差で迎えた9回は長井良太(広島)が登板。危なげなく3人で締め、日本が7-2で勝利。これでオープニングラウンド5連勝、全勝突破を果たした。



ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西