ニュース

3球団が競合、藤原の交渉権はロッテ!井口監督「最後にひとつ一番良いのが残っていた」

無断転載禁止
大阪桐蔭・藤原恭大 (C)KYODO NEWS IMAGES
 2018年度のプロ野球ドラフト会議が25日に都内で行われ、楽天、阪神、ロッテの3球団の競合し、ロッテが大阪桐蔭の藤原恭大選手の交渉権を獲得した。

 楽天・石井一久GM、阪神・矢野監督、ロッテ・井口監督の順番でくじを引いた。くじを引き当てたのは、最後に引いた井口監督だった。井口監督はくじを引き当てた瞬間、右手を突き上げてガッツポーズ。

 井口監督は「最後で選ぶ権利はないですから、その中で最後ひとつ一番良いのが残っていたなと感謝しています」と喜んだ。「うちのチームにベストマッチする選手だと思っていますし、これからマリーンズと野球界を背負っていく選手だと思っています。スカウトの中で一番の評価でした。マリーンズで待っていますので一緒に戦っていきましょう!お願いします」と興奮気味に話していた。

▼ 藤原恭大
身長 / 体重:180センチ / 76キロ
投 / 打:左投 / 左打
ポジション:外野手
生年月日:00年5月6日


(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM