ニュース

DeNAと“相思相愛”の東洋大・上茶谷「この球団で試合をしたいと思っていた」

無断転載禁止
「青色が好き」と語る東洋大・上茶谷を1位指名したDeNA
 2018年のプロ野球ドラフト会議が25日(木)に行われ、即戦力右腕の補強を目指していた横浜DeNAベイスターズが東洋大の上茶谷大河投手の交渉権を獲得した。

 DeNAの交渉権確定後、報道陣の取材に応じた上茶谷は「高校生が注目を集めているドラフトで、1位指名はないかと思っていたので嬉しかった。今まで支えてくれた両親に感謝したい」と語り、プロの世界での恩返しを誓った。

 また、指名を受けたDeNAに関しては、「交流戦の日本ハム戦を(横浜スタジアムまで)観に行った」ことを明かし、「球場の雰囲気に鳥肌がたった。一番印象に残っているのが、山﨑康晃さんが登場したとき。チームとファンが本当に一体になっていることを感じた」とコメント。ヤスアキジャンプに感激し、「どんどん好きになっていった」「この球団で試合したいと思った」と“相思相愛”ぶりをアピールした。

 自身の特徴は「打者の内外に投げ分けるコントロールと、すべての球種が勝負球としても使える」ことで、その中でもカットボールとチェンジアップに自信を持っているとのこと。プロ1年目に向けては、「ケガなくローテーションピッチャーとして先発したい。先輩に沢村さんがいるので、沢村賞を取れるような、日本を代表するピッチャーになりたい」との目標を語った。


取材・文=萩原孝弘(はぎわら・たかひろ)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西