ニュース

大阪桐蔭高校・根尾 与田監督が「絶対に外せない」と言ったのはなぜか?

無断転載禁止
【プロ野球ドラフト2018】中日からドラフト1位指名を受けて記者会見する大阪桐蔭・根尾昂=2018年10月25日 大阪府大東市の大阪桐蔭高校 写真提供:産経新聞社
話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。本日は、25日のプロ野球ドラフト会議で、中日ドラゴンズに1位指名された、大阪桐蔭高校・根尾昂(ねお・あきら)選手にまつわるエピソードを取り上げる。

今年も抽選をめぐって様々なドラマがあった、プロ野球ドラフト会議。11球団が高校生野手を1位指名し、しかも指名が3人の選手(根尾と、大阪桐蔭高・藤原恭大、報徳学園高・小園海斗)に集中するという異例の展開になりました。

特に、打ってよし、守ってよし、内外野をこなせる上に、ピッチャーとしても150キロ台の速球を投げる「二刀流」で、今年いちばんの逸材と言われたのが根尾です。複数の球団が指名することは間違いない、と言われていましたが、予想どおり、中日・ヤクルト・巨人・日本ハム4球団が1位指名。果たしてどこが根尾を引き当てるか注目されましたが、右手を挙げてガッツポーズをしたのが、就任したばかりの中日・与田剛新監督でした。

「絶対に外せないという思いがあった。ホッとしています。(くじは)下から2番目を引きました。自信はありました。スーパースターのような選手なので、これからの野球界を背負ってほしい」

与田監督は、なぜ「絶対に外せない」と言ったのか? それは根尾が、地元・岐阜出身だから、ということもありますが、落合監督時代に主力だったベテラン勢が相次いで引退。しかし若手への切り替えがうまくいかず、そんな状況を打開してくれるスター選手がどうしても必要だったのです。与田監督はまさに自分の手で、頼もしい新戦力をつかみ取りました。

一方、指名された根尾側も、

「ホッとしました。小さいときからテレビをつければ、中日ドラゴンズさんの試合をやっていた。何か縁があると思いますし、このご縁をしっかり大切にして、中日ドラゴンズの一員としてしっかりやりたいです」

と相思相愛のコメント。

縁といえば、根尾は小学生のとき、ドラゴンズのジュニアチームに選ばれたことがあり、その頃から同世代のなかで実力は抜きん出ていました。

根尾が、地元・飛騨高山ボーイズの主砲兼エースだった中学生3年生のとき、中日が主催する中学生の硬式野球大会「ドラゴンズカップ」に出場。中日の選手たちの間でも「すごい子が岐阜にいるらしいぞ」と評判になっており、岩瀬、川上ら主力選手が、根尾を一目観ようとスタンドに集まって来たほどです。その前で、146キロの剛速球や、キレのあるスライダーを投げ込んでみせた根尾。

大阪桐蔭には、甲子園で選手たちが見せたスピード感あふれるプレーに惹かれ、「こういうチームで野球がしたい」と自ら望んで入学しました。名門で、卓越した野球センスをさらに磨き上げ、晴れてドラゴンズの1位指名を受けることになりました。

根尾本人は、ドラフト前に

「自分のなかでは、ショートで行きたい気持ちがあります」

と語りましたが、そのショートには、去年の新人王・京田がいます。しかし、かつて立浪和義が高卒1年目で、宇野勝を押しのけて開幕1軍ショートの座をつかんだように、「京田を押しのけて、レギュラーを獲るんじゃないか」という声も……。いずれにせよ、内外野こなせる根尾が入団すれば、現在のレギュラー陣もウカウカしてはいられません。

また大谷翔平のような「二刀流」への挑戦も、与田監督は「本人が望むなら」と前向きな姿勢です。果たして、根尾はプロでどんな活躍を見せてくれるのか? 今年は松坂効果に沸いた中日。来年のキャンプも、根尾効果で報道陣が殺到しそうです。
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM