ニュース

日本S第1戦は引き分け 江本氏「ピッチャーがよく頑張った」

無断転載禁止
ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める江本孟紀氏
2018.10.27 18:30
広島東洋カープ 2 終了 2 福岡ソフトバンクホークス
マツダスタジアム
SMBC日本シリーズ2018・第1戦
広島 2 - 2 ソフトバンク
<10月27日 マツダスタジアム>

 日本シリーズ第1戦は広島、ソフトバンク、両チームの投手陣の好投が光り、2-2の引き分けに終わった。

 両チームのリリーフ陣が踏ん張った。ホームの広島は先発・大瀬良大地を5回2失点で交代させると、6回から岡田明丈、一岡竜司、フランスア、中崎翔太、ジャクソン、ヘルウェグ、中田廉と小刻みな継投でスコアボードに0を並べた。特に8回から登板したフランスアは、150キロを超えるストレートを武器に2イニングを無失点に抑えた。

 一方、ソフトバンクは先発・千賀滉大を4回で諦め、5回から継投に入る。2番手・武田翔太が走者を出しながら2イニングを無失点に抑えると、7回から登板した石川柊太も2回を無失点。その後も森唯斗、加治屋蓮、高橋礼、モイネロが0に抑えた。

 27日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 日本シリーズ第1戦 広島-ソフトバンク』で解説を務めた江本孟紀氏は「打線がもうひとつリズムに乗れなかったのもあるんですけど、今日のつなぎのピッチャーがよく頑張ったんじゃないかと思います。誰かが崩れるはずなんですけど、珍しい試合ですよね。本当に両者良い勝負だったんじゃないでしょうか。」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM