ニュース

ソフトB・工藤監督、代打・デスパイネは「勝負と思って」

無断転載禁止
ソフトバンク・工藤公康監督
2018.10.27 18:30
広島東洋カープ 2 終了 2 福岡ソフトバンクホークス
マツダスタジアム
SMBC日本シリーズ2018・第1戦
広島 2 - 2 ソフトバンク
<10月27日 マツダスタジアム>

 ソフトバンクの工藤公康監督は、5回に先発・千賀滉大から代打・デスパイネを起用した場面について振り返った。

 0-2の5回二死二、三塁で打席には投手・千賀を迎える。ここで工藤監督は動いた。「あそこは僕の中でも勝負と思ってデスパイネを使った」と4回まで2失点に抑えていた千賀に代えて、代打にデスパイネを送る。デスパイネは1ボール2ストライクから4球目を弾き返すと、打球はセンター寄りに守っていたセカンド・菊池涼介のもとへ。菊池が打球を処理して一塁へ送球し、チェンジかと思われたが、送球を一塁・松山竜平が後ろに逸らしてしまう。打球が転々としている間に二塁走者の甲斐もホームインし、同点に追いついた。

 工藤監督は「よく打ってくれたし、よく走ってくれた」と、選手たちの全力プレーでもぎとった1点を評価した。

(取材・ニッポン放送アナウンサー洗川雄司)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM