ニュース

江本氏、広島の守備に…

無断転載禁止
ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める江本孟紀氏
2018.10.27 18:30
広島東洋カープ 2 終了 2 福岡ソフトバンクホークス
マツダスタジアム
SMBC日本シリーズ2018・第1戦
広島 2 - 2 ソフトバンク
<10月27日 マツダスタジアム>

 27日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 日本シリーズ第1戦 広島-ソフトバンク』で解説を務めた江本孟紀氏が、5回の広島守備陣について語った。

 江本氏が語ったのは5回の2つの挟殺プレー。0-2の5回無死一、三塁から西田哲朗の三ゴロで三塁走者・中村晃を挟みアウトにするも、打者走者の西田を二塁まで進めてしまう。続く甲斐拓也もボテボテの投ゴロで三塁走者・内川聖一を挟む間に、二塁走者を三塁、一塁走者を二塁まで進塁を許した。続く代打・デスパイネを二ゴロに打ち取ったかに思われたが、二塁・菊池の送球を一塁・松山が逸らしてしまい二者の生還を許し同点にされてしまった。

 江本氏は「キャンプでやるランダウンプレー。シーズン中に1回、あるかないかというところで広島はミスが出た」と話し、「この後の微妙な流れがピッチャーにプレッシャーがかかってしまった。二、三塁のプレッシャーになったところで、菊池のミス(記録は一塁・松山の失策)が出て同点になってしまった」と挟殺プレーが失点の原因ではないかと分析した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM