ニュース

ソフトB・上林の打撃に江本氏「当てにいっている」

無断転載禁止
ソフトバンクの上林誠知
 ファイナルステージで10打点を挙げる活躍で2位からの日本シリーズ進出に大きく貢献したソフトバンク・上林誠知が、27日の日本シリーズ第1戦、6打数0安打4三振に倒れた。

 『1番・右翼』でスタメン出場した上林は、第1打席から積極的に初球を振りにいくも、3打席連続三振に倒れてしまう。4打席目以降も投ゴロ、空振り三振、三邪飛に打ち取られ、1度も出塁することができなかった。

 27日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 日本シリーズ第1戦 広島-ソフトバンク戦』で解説を務めた江本孟紀氏は「この打者は初球からなんでも振ってきますね」と指摘。また第6打席の三邪飛については「三振するのが嫌だから当てるというだけですよね。体が前にのめりこんでいっていて、バッティングになっていない。振るというよりは、当てにいっていますよね」とバッサリ。

 上林の出塁、そして勝負所での一打があり、2位から日本シリーズ進出を果たした。1日も早くスコアボードに“H”のランプを灯したいところだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM