ニュース

山本昌氏が松田宣浩の適時打は「ソフトB側に大きい」と話すワケ

無断転載禁止
ソフトバンク・松田宣浩(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.10.28 18:30
広島東洋カープ 5 終了 1 福岡ソフトバンクホークス
マツダスタジアム
SMBC日本シリーズ2018・第2戦
○ 広島 5 - 1 ソフトバンク ●
<10月28日 マツダスタジアム>

 ソフトバンクの松田宣浩が0-5の7回にタイムリーを放った。

 今季32本の本塁打を放ったが打率.248と低迷した松田。クライマックスシリーズでも打率.167と調子があがらず、日本シリーズ第1戦はスタメン落ちを味わった。デスパイネをレフトで起用するなど“超攻撃型オーダー”を組んだ第2戦は、松田も『7番・三塁』で先発出場。

 第3打席まで無安打だったが、0-5の7回二死一、三塁の第4打席、それまで抑えられていた先発・ジョンソンが投じた低めのストレートをセンター前へ弾き返し、三塁走者の柳田悠岐が生還した。

 この適時打に同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 日本シリーズ第1戦 広島-ソフトバンク戦』で解説を務めた山本昌氏は「ソフトバンク側は大きいですね」と話す。

 その理由に山本昌氏は「松田選手は長いこと不調が続いて、スタメンから外れるというのは異常事態なんですよね。そこで復帰してタイムリーが出たのは、今日の勝ち負け云々ではなくて、このシリーズの流れで非常に大きいヒットになりましたね」と説明した。

 チームは敗れたが、第3戦以降に向けて、松田に適時打が出たことは明るい材料だ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM