ニュース

山本昌氏が『石原捕手のファインプレー』と話した場面は?

無断転載禁止
ソフトバンクに勝利し、捕手石原とタッチを交わす広島先発のジョンソン=マツダ(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.10.28 18:30
広島東洋カープ 5 終了 1 福岡ソフトバンクホークス
マツダスタジアム
SMBC日本シリーズ2018・第2戦
○ 広島 5 - 1 ソフトバンク ●
<10月28日 マツダスタジアム>

 28日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 日本シリーズ第2戦 広島-ソフトバンク戦』で解説を務めた山本昌氏は、広島バッテリーを高く評価した。

 山本昌氏が評価した場面は、3-0の4回一死一、三塁、ソフトバンクの4番・柳田悠岐の打席。広島先発・ジョンソンと捕手・石原慶幸のバッテリーは初球、2球目をインコースを突き、簡単に追い込むと、3球目に高めのボールを1球挟み、最後は再びインコースのツーシームで空振り三振に仕留めた。

 この配球に山本昌氏は「(空振り三振した柳田は)8割方インコースだと思っているんですよ。最初の2つインコースでストライクを取ったのが大きかったんです。外目にボール球を使うと読まれちゃうんですけど、3球目に高めに来て外したでしょ。これは石原捕手のファインプレーですよ」と柳田を三振に打ち取るまでの過程を絶賛。

 柳田を三振に打ち取ったジョンソン、石原のバッテリーは続くデスパイネを遊ゴロでスコアボードに0を入れた。ジョンソンは7回に1点を失ったが、7回1失点の好投で、チームに勝利をもたらした。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM