ニュース

【オリックス】かつての「最優秀中継ぎ投手」佐藤達也に戦力外通告

無断転載禁止
13年から2年連続で最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得したオリックスの佐藤達也
 オリックス・バファローズは29日(月)、佐藤達也投手(32)と大山暁史投手(30)に対し、来年度の選手契約を行わない旨を通告したと発表した。

 社会人のホンダから2011年のドラフト3位で入団した佐藤達は、入団2年目の13年からリリーフ陣の中心として活躍。67試合(78回)に登板して防御率1.73と抜群の安定感で勝利の方程式の一角を担った。翌14年もリーグ最多の67試合に登板して防御率1.09の好成績を残し、2年連続(13年42HP、14年48HP)で「最優秀中継ぎ投手」のタイトルを手にした。しかし、15年以降は故障の影響などもあり成績を落とすと、今季は一軍での登板機会がないままユニフォームを脱ぐことになった。

 一方、2013年のドラフト8位でセガサミーから入団した左腕の大山は、2017年に自己最多の32試合(26回)に登板したが、今季はわずか6試合の登板にとどまり、思うような結果を残すことができなかった。


▼ 戦力外通告選手の通算成績

15 佐藤達也
262試合(285回2/3)
11勝21敗14セーブ109ホールド
防御率2.71

69 大山暁史
42試合(36回1/3)
1勝0敗7ホールド
防御率3.47
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西