ニュース

佐々木氏、敗れた広島に「打線は自信をもったと思う」

無断転載禁止
8回、満塁本塁打を放ち、バティスタ(奥右)らに迎えられる広島・安部(同左)=ヤフオクドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.10.30 18:30
福岡ソフトバンクホークス 9 終了 8 広島東洋カープ
ヤフオクドーム
SMBC日本シリーズ2018・第3戦
○ ソフトバンク 9 - 8 広島 ●
<10月30日 ヤフオクドーム>

 “逆転のカープ”とはならなかったが、明日以降に繋がる敗戦となった。

 3-9の8回、広島はソフトバンクのセットアッパー・加治屋蓮から鈴木誠也がこの日2本目となるソロ本塁打。一死後、バティスタが安打、野間峻祥が四球、会沢翼の安打で一死満塁の好機を作る。ここで打席には、5回に本塁打を放った安部友裕。安部は1ストライクから2球目の変化球をライトホームランテラスに飛び込む満塁弾を放った。

 8-9の9回も点は入らなかったが、守護神・森唯斗から二死一、三塁と一発が出れば逆転という場面を作った。

 敗れはしたが、同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 日本シリーズ第3戦 ソフトバンク-広島戦』で解説を務めた佐々木主浩氏は「カープ打線は自信を持ったと思うんですよね」とコメント。

 その理由について「7回以降で点を取っていますし、9回も森に対しても攻めましたからね。ああよく頑張ったなで今日は終わっていますよ」と説明した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM