ニュース

敵地で連敗の広島に大矢氏「押されっぱなしのゲーム」

無断転載禁止
広島・菊池にアウトをコールする石山球審。捕手甲斐=ヤフオクドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.10.31 18:30
福岡ソフトバンクホークス 4 終了 1 広島東洋カープ
ヤフオクドーム
SMBC日本シリーズ2018・第4戦
○ ソフトバンク 4 - 1 広島 ●
<10月31日 ヤフオクドーム>

 前日敗れはしたが16安打8得点を奪った打線が4安打1得点と沈黙し、広島は1-4で敗れた。

 広島は初回、ソフトバンクの先発・東浜巨から2番・菊池涼介がレフト前に運ぶと、前日4三振の丸佳浩が右中間を破る安打を放ち、一塁走者の菊池が一気にホームを狙う。しかし、ソフトバンクの見事な中継プレーに阻まれホームタッチアウト。4番・鈴木誠也は見逃し三振に倒れ、先制の好機を逃した。

 先発・野村祐輔は2回までソフトバンク打線をノーヒットに抑えていたが、0-0の3回に上林誠知の2ランで先制を許す。それでも、直後の4回に鈴木のソロで1点を還した。1-2としたがその裏、野村がデスパイネに被弾。1-3の6回には、3番手・今村猛が代打・長谷川勇也に適時打を浴びた。打線も5回以降に1本も安打を放つことができず、自分たちのペースで試合を運ぶことができなかった。

 31日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 日本シリーズ第4戦 ソフトバンク-広島戦』で解説を務めた大矢明彦氏は「4安打で1点じゃ勝てませんのでね。押されっぱなしのゲームでしたね」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM