ニュース

大矢氏が語るソフトB・甲斐の良い所とは…

無断転載禁止
5回広島二死一塁、打者田中のときに安部の二盗を阻止するソフトバンクの捕手甲斐=ヤフオクドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.10.31 18:30
福岡ソフトバンクホークス 4 終了 1 広島東洋カープ
ヤフオクドーム
SMBC日本シリーズ2018・第4戦
○ ソフトバンク 4 - 1 広島 ●
<10月31日 ヤフオクドーム>

 またも“甲斐キャノン”で広島の足を封じた。

 3-1の5回二死一塁。ソフトバンクの先発・東浜巨が、田中広輔に投じた4球目に一塁走者の安部友裕がスタートを切ってきた。やや外寄りに逸れる変化球も、甲斐は素早く二塁へ送球し、今シーズン7盗塁を決めた安部を悠々アウトにした。

 10月31日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル ソフトバンク-広島戦』で解説を務めた大矢明彦氏は「捕ってから早いですね。甲斐のいいところは、体の近くで処理するんですよね。だからトップにいくまで足と一緒で手も早い。素晴らしい」と絶賛した。

 12球団トップの盗塁阻止率.447をマークした甲斐。自慢の“強肩”で広島の武器である足を絡めた攻撃を完璧に封じている。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM