ニュース

里崎氏、ソフトB・明石は「本当にいい仕事をしている」

無断転載禁止
ソフトバンク・明石(C)KYODO NEWS IMAGES
SMBC日本シリーズ2018・第5戦
○ ソフトバンク 5x - 4 広島 ●
<11月1日 ヤフオクドーム>

 1日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 日本シリーズ第5戦 ソフトバンク-広島戦』で解説を務めた里崎智也氏が、ソフトバンク・明石健志の働きを絶賛した。

 『2番・二塁』で先発出場した明石は初回一死の第1打席、空振り三振に倒れたが、里崎氏は「先頭の上林が初球を打ってアウト。球数を投げさせたいというときに、慌てずゆっくり打席の中で対峙しているのは素晴らしいですよね」と7球粘った打撃を評価。

 0-1の4回は先頭打者できっちりと四球を選び出塁した。「こういったところが落ち着いていますよね。ビックリするような派手なプレはーないですけど、今のもしっかりと見極めて四球は大きいですよね」と里崎氏。明石は中村晃のセンター前ヒットでホームに生還した。

 2-3の5回は無死一、二塁からきっちり送りバント。その後、満塁となり4番・柳田悠岐の内野ゴロの間に三塁走者が生還し同点に追いついた。

 さらに3-4の7回一死からセットアッパー・フランスアが投じたスライダーをフルスイング。打球はライトスタンド最前列に飛び込む値千金の同点ソロとなった。

 この本塁打に里崎氏は「スライダーが肩口から真ん中に入ってきたんですよね。明石としてはストレートを意識があったんですけど、半速球が甘く入ってきたので、見事にヘッドが返って引っ張れたんですよね」と解説し、「バッティングとしては完璧」と絶賛した。

 1安打1打点1犠打1四球を選んだ明石。里崎氏は「明石は本当にいい仕事をしている」と話したように、チームの勝利に貢献する活躍だった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM