ニュース

MLBオールスターに挑む巨人 先発は“ファーム4冠”の20歳右腕・高田

巨人期待の若き右腕がメジャーリーガーに挑む


 NPBエンタープライズは7日、11月8日(木)に行われる『日米野球エキシビションゲーム』(巨人-MLBオールスター)の予告先発を発表した。

 3度目の登板となった原辰徳監督の下、本拠地・東京ドームで初めての試合を迎える巨人。来季に向けた船出となる一戦、指揮官は20歳の右腕・高田萌生に先発マウンドを託す。

 プロ2年目の若き右腕は、今季ファームで21試合に登板して11勝をあげるなど覚醒。投手4部門(勝利・勝率・防御率・奪三振)でリーグトップの成績をマークした。

 飛躍への手応えを掴んだ右腕が、メジャーリーガーを相手にどのようなピッチングをするのか。新指揮官の期待に応える投球で、来季の先発ローテ入りへアピールをしたい。

 対するMLBオールスターはヘクター・ベラスケス(レッドソックス)を先発に任命。ワールドシリーズでの登板はなかったものの、今季は47試合(先発8試合)に登板して7勝2敗、防御率3.12という成績を残している。


ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西