ニュース

侍ジャパン、5回終え0-5と劣勢…岩貞5失点、打線は5回まで無安打

無断転載禁止
2打席連続で空振り三振に倒れた侍ジャパン5番の柳田(ソフトB)

先発・笠原、2番手・浜口は好投も…


 野球日本代表「侍ジャパン」は7日、ヤフオクドームで台湾代表と対戦。5回まで0-5と劣勢を強いられている。

 侍ジャパンは先発の笠原(中日)、2番手・浜口(DeNA)が揃って2回を無失点。しかし、5回から3番手として登板した岩貞(阪神)が、二死一、三塁から、9番・郭永維に中前適時打を許し先制された。

 岩貞はさらに、1番・陳傑憲に適時打を許したあと、2番・藍寅倫には、左翼テラス席へ飛び込む3ランを浴びた。岩貞は二死から踏ん張れず、3連打を許し計5失点。1回5安打5失点で降板した。侍ジャパンは打線も、5回まで無安打と沈黙。5点ビハインドで後半戦を迎えることになった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西