ニュース

侍J・稲葉監督、明日開幕の日米野球に「ワクワク」

無断転載禁止
侍ジャパンの稲葉監督(右)、MLBオールスターチームのマッティングリー監督(左)[撮影=ニッポン放送・洗川雄司アナウンサー]
 9日に開幕する『2018日米野球』に向けて、侍ジャパンの稲葉篤紀監督、MLBオールスターチームのドン・マッティングリー監督が前日会見に臨んだ。

 稲葉監督は「世界最強チームでもあるメジャーリーガーの方々と対戦できるので、私自身もワクワクしていますし、選手たちも非常に楽しみにしていると思います」と対戦を心待ちにしている様子。

 楽しみな対戦ではあるが、2020年の東京五輪に向けて大事な戦いとなる。稲葉監督は「2020年に向けてメジャーリーガーの方たちと対戦していい経験ができれば、(2020年に)繋がっていければと思っております」と先を見据えた。

 一方、MLBオールスターチームのドン・マッティングリー監督は、「私自身も稲葉監督同様にワクワクした気持ちでいっぱい。日本の最高の選手たちと戦える試合を楽しみにしています。このシリーズ全ての試合が、全員がベストを出し尽くすような、戦いになることを望んでいます」と胸を躍らせる。

 なお、9日に東京ドームで行われるGAME1の予告先発は、侍ジャパンが岸孝之(楽天)、MLBオールスターチームはジュニオル・ゲラ(ブルワーズ)と発表されている。

(取材・ニッポン放送アナウンサー洗川雄司)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM