ニュース

今年のFA戦線と鷹の飽くなき向上心【深澤弘のショウアップナイターヒストリー】

無断転載禁止
球団事務所でFA権の行使を表明した浅村栄斗(西武)

FA戦線が開幕!


 さて、フリーエージェント(FA)の市場が今年は非常に賑わっています。西武の浅村、それから広島の丸、オリックスの西、こういうところが注目を集めています。

 FA宣言をすれば、他の球団がウズウズしてきて、とりたくなる。したがって色々、浅村に対して、こういう条件を出しているとか情報が出ていますけど、当然ながら当たっているものもあるし、そうじゃないものもある。その辺を皆さんがどう取捨選択されるかというところ。

 浅村に関しては、1番必要としているのは西武ですから、FA宣言をしても引き続き西武球団は必死に慰留をしています。それからソフトバンク、日本シリーズには勝ったんですけど、ペナントレースは2位でした。あれだけ豊富な戦力も、あれでも足りないかなということもありました。とにかくソフトバンクはお金がありますからね。金で勝負できるものならということで、浅村に相当強いプレッシャーをかけたとか。それから内川が少し故障気味。松田が日本シリーズの時にスタメンから外れるというところで、この辺の年齢の衰えというのも、王会長にとっては気になるところだと思います。あとは楽天。楽天もとにかく毎年強打者を集めてますし、石井一久GMになって非常に動きが派手なんで、この辺がかなり水面下で交渉していると思うんです。

 FAというのは、選手がFA宣言をしてそれがNPBから公示されて初めて他の球団と交渉することができる。つまり、それまでの事前交渉というのはルール違反なんです。今のご時世ではわからないですが、この大人の世界、プロの世界、事前交渉をしないでじーっと待っているという人はいません。これまでは、FA宣言をする頃には各チームの条件が本人に伝わっていたと思うんです。


原監督の構想は!?


 浅村、それから広島の丸。丸はFA宣言しないと思ったんですが、FA宣言しましたね。松田オーナーは、非常に家族的な方なんで「そんな他人行儀に出ていくなんてFA宣言するなよ」とFA宣言するのはあまり好きではなかったんですが、丸の場合は「いいからするのならしろ。他球団の評価を聞くのも君の自由だ。君の選択がどうなるか分からないけど、うちもその選択肢として残るから。FA宣言して残留も許す」ということで、松田オーナーがFA宣言した選手に歩み寄ったのは初めてではないでしょうか。

 とにかく広島としては、田中、菊池、丸。この3人であっという間に点をとって試合の主導権を握ってゲームに勝つ。これが広島の勝ちパターンですから。その中心の丸が抜けることは避けたいので、広島の必死さはわかりますね。ジャイアンツが丸を欲しいと言っていたのは、だいぶ昔にこのコーナーでもお伝えしました。直接球団が丸に交渉できないとはいえ、球団と丸を繋ぐ人間はたくさんいますから、その誰かを通じて丸に「うちも君がFA宣言をしたら手を挙げる」ということを9月の初めごろから言っていたとか。

 昨年はジャイアンツがゲレーロをとったりしましたけど、なかなか中心選手が出ない。マギーだって来年は分からない。ということで、丸がいないと、岡本が出てきた意味がない。3番に丸、4番に岡本。これが原監督の構想ではないかと思うんですが。そう上手くいくかどうか。


その他の注目どころは…


 それからオリックスの西。このピッチャーはムラがあるんですけど、とにかく馬力がある。故障しなければ絶対に2ケタ勝てるという安定した力を持っているだけに、今はピッチャーがどこもいないので、ピッチャーが欲しいのは当たり前なんですが、特に中心のピッチャーが高齢化してきた阪神が、西を欲しがるのは当然。お金はいっぱいあるんですけど、なかなか阪神はお金を使おうとしないので、「西にいく」って言って実はいってない可能性もある。ただ、西あたりは欲しいところでしょうね。ということで、浅村、丸、西を中心とした争奪戦が繰り広げられると非常に面白いですね。

 ジャイアンツが西武の炭谷にご執心のようですが、どうなんですかね。阿部がキャッチャーに戻るって言ってますよね。それから大城、宇佐見。宇佐見はともかく、大城っていうキャッチャーはそろそろレギュラーのポジションに入ると思うんです。それからなんだかんだ言っても小林がいます。これだけキャッチャーがいて、まだジャイアンツがキャッチャーに不満なのかっていうのが「炭谷欲しい」っていうので垣間見えた感じがしますね。

 日本ハムの宮西なんかもFA宣言したかったのかもしれませんが、左ひじを手術したこともありますしね。オリックスの金子も色々言われていますけど、毎年どこかを故障したりするので、思い切って他球団というわけにはいかないのかもしれません。中日の吉見なんかも球団との交渉が長引いてましたけど、本来の吉見の姿だったらもっと強気だったでしょうが、そうでもないので一歩引いた感じですかね。果たして最終的にはどうなるでしょうか。


飽くなきホークスの向上心


 話は変わり、日本シリーズで優勝したソフトバンク・ホークスの王会長に先日、話を聞きました。平成に入って、日本一になったのはソフトバンクが7回目。ジャイアンツの6回を抜いて、ソフトバンクが平成で最多になったわけです。そして王さんは言うんですね。「ジャイアンツはV9時代もそうだけど、あの時はまだドラフトがなくて自由に補強して、自由競争でチームを強くして何連覇達成だったけれど、うちの場合、ドラフトというハードルを経て、平成でジャイアンツを抜いて7回目の日本一。これは本当に評価していただきたい数字です」と。「ようやく育成と補強のバランスが取れてきて、チームが本当に強くなってきたなと思います」と。

 「今シーズン日本シリーズ終了と同時にかつての主力8人を整理しましたけど、チームの活性化でそういうことをしないとダメなくらいの戦力の余裕が出てきました。イキの良さを保つためには戦力の入れ替えっていうのはある程度必要だと思うんです。今年の日本シリーズで働いた千賀、甲斐は、ご存知のように育成から上がってきたんで、こういう新しい力を入れてフレッシュさを保つ。これは我々の予定通りの行動で、良い感じで日本シリーズでその状態が出たと思います」と。

 「今年の日本シリーズで広島の足をとことん封じた甲斐がMPVに選ばれたんですけど。正直言って甲斐が最優秀選手に選ばれるとは思いませんでした。なにしろヒットがほとんどないし、打点なんてないんですから。甲斐は打つほうは全然ダメなんです。ただ盗塁を刺したということだけ。ただし、そのところに目をつけてくれたNPBはさすがだと思います。われわれは甲斐が最優秀選手を貰ったことに非常に感激して、嬉しく思っています。甲斐がMPVに選ばれたが、今までヒットを打てない、打点がない、そんな選手がMPVっていうのは長いことやって初めて。しかも甲斐というのはゲームセットの時にはベンチに退いていて、最後の締めのキャッチャーもできないという。物足りない実力なんですが、そういう男によくMPVをくれたと思います。彼も大いに励みになると思います。次のチャンスに甲斐というキャッチーが正キャッチャーになって帰ってくると思います。うちの育成に沿ってくれたようなMPVで、非常に嬉しくおもっています」と。

 「主力が予定通り伸びきてきて、若手が頑張る。8人のベテランの人員整理もあったけれど、うちは厚い戦力を持っています。ですが、なお戦力を厚くしたいと考えています」と、王会長はあくまでも貪欲です。ということで、ソフトバンクが限りなく強くなっていきそうな感じですね。


(ニッポン放送ショウアップナイター)

※ショウアップナイターファンクラブ会員の方は、音声でもお楽しみいただけます!
入会無料! ⇒ http://showup89.com
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM