ニュース

日米野球第2戦の先発は期待の11勝右腕・上沢直之

無断転載禁止

飛躍の1年に


 10日に行われる「2018日米野球」第2戦の先発投手が発表。侍ジャパンは、期待の右腕・上沢直之(日本ハム)がマウンドに上がる。今季は自身初となる2ケタ勝利(11勝6敗)を収めるなど活躍。飛躍の年となった1年を最高の形で締めくくれるか注目だ。

 一方のMLBオールスターは、ニカラグア出身の右腕・エラスモ・ラミレス(マリナーズ)が先発。今季はマリナーズのローテの一角として期待されたが、故障の影響もあり、10試合の登板で2勝4敗、防御率6.50という結果に終わった。来季の契約に向け、異国の地で良いピッチングを披露したいところ。


投手の球数制限


・投手は「80球」を超えて投球することができない。(※ある打者の打席中に投球数制限に達した場合のみ、その打者の打席完了まで投球可能)
・「50球以上」を投じた場合 = 次の登板まで中4日をあけること。
・「30球以上」を投じるか「2日連続で登板」した場合 = 次の登板まで中1日をあけること。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西