ニュース

侍・柳田、衝撃弾含む4安打4打点 上沢5回1失点7K、MLB選抜に連勝!

無断転載禁止
3回に2ランを放ち、ベンチ前でポーズを作る侍ジャパン・柳田
2018日米野球・第2戦
● MLBオールスター 6 - 12 侍ジャパン ○
<11月10日 東京ドーム>

 野球日本代表「侍ジャパン」が2連勝。4番に入った柳田悠岐(ソフトバンク)が豪快弾を含む4安打4打点をマークするなど、打線が17安打12得点と爆発した。

 先攻の侍ジャパンは1回表、一死から2番・源田(西武)が左翼線への二塁打でチャンスメイクすると、二死後、この試合4番に入ったが柳田が、三塁線を突破する左前適時打を放ち先制した。第1戦でサヨナラ2ランを放った柳田は、前夜の5番から4番へ昇格。さっそく期待に応え、「打球が飛んだコースも良かったですが、チャンスを作ってくれた源田のおかげだと思います」と話した。

 3回は1番・秋山(西武)の適時三塁打、続く源田の適時内野安打で3-0としたあと、またしても柳田が、左中間席中段へ着弾する豪快2ランを放った。鷹の主砲は、前夜に続く2戦連発。「打ったのはカーブ。しっかりと自分のスイングができて良かったです」と、そのパワーをメジャー軍団に見せつけた。

 柳田は5回にも6点目となる左前適時打を放ち、前夜のサヨナラ弾から4打席連続で打点を記録。6回の第4打席では中前打を放ち、豪快弾を含む4打数4安打4打点の大暴れでお役御免となった。7回には、柳田の代打・森(西武)が左前適時打を放つなど、侍打線は計17安打で12得点。MLB投手陣を粉砕した。

 投げては先発の上沢(日本ハム)が、5回4安打1失点の快投。初回のピンチを無失点で切り抜けると、2回以降はフォークを武器に、毎回の7三振を奪った。

 今大会は80球の球数制限が設けられているが、右腕はキッチリと5回79球で降板。「はじめてのトップチームでの試合ということで緊張しました。初回のピンチを切り抜けたことで自分らしいピッチングができるようになったと思います。これも会沢さんのリードのおかげと感謝しています」と振り返った。

 投手陣は6回以降、2番手の浜口(DeNA)が2回2失点、3番手の佐藤(中日)は1回3点。中盤以降、MLB打線に反撃を許したが、6点リードの9回は4番手・松井(楽天)が無失点で締めた。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西