ニュース

4番柳田が大暴れ!“リラックス&シンプル”で4打点

無断転載禁止
2戦連続でお立ち台に上った柳田悠岐
2018日米野球・第2戦
● MLBオールスター 6 - 12 侍ジャパン ○
<11月10日 東京ドーム>

 第1戦のサヨナラ弾から5打席連続安打。前夜の勢いそのままに、柳田悠岐がこの2日で6打点を稼いだ。

 二夜連続でお立ち台に上った柳田は「きょうは良い一日になりました」と4安打4打点の活躍に満足気な表情をみせた。

 当たりがなかった山川穂高に代わって4番を任された柳田は「いつも通りやろうと」第1打席から快音を響かせる。

 初回に2番・源田壮亮が二塁打で出塁すると、相手先発・ラミレスの投じた初球を捉えて三塁線を破る左前適時打。そして3回の第2打席には、高めに抜けたカーブを捉え2戦連発となる2ランを左中間スタンドへ放り込み、「思いっきりボールをシバいたろうと。良い結果になって良かった」と連夜の一発を振り返った。

 5点リードで迎えた第3打席は1ボールからの2球目を左中間へ運んでこの日4打点目。第1戦の試合後には「シンプル・イズ・ベスト」と語っていたが、「きょうはリラックス」。前日からの流れそのままに1・2打席は初球打ち、第3打席もファーストストライクに反応するなど、柳田の“リラックス&シンプル”が4打点を生んだ。

 第4打席には当たりそこねの打球も、フルスイングに惑わされたのかセンターを守るピラーの反応が送れテキサスヒット。この日は4打数4安打4打点と大暴れだった。

 チームは17安打12得点で今シリーズ2連勝、自身も第1戦の決勝弾から2戦連発5打席連続安打をマークしているが「たまたまなんで。明日からも試合ありますし、まだまだ頑張りたいなと思います」と、あすの第3戦は心新たにMLB軍団に挑む。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西