ニュース

江本氏が『打撃の考え方が上手くなった』と話した選手は?

無断転載禁止
ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める江本孟紀氏
 ヤクルトのバレンティンが131打点を挙げ、自身初の打点王を獲得した。

 今季は4番・バレンティンの前を打つ1番・坂口智隆(.406)、2番・青木宣親(.409)、3番・山田哲人(.432)の出塁率は4割を越え、走者がいる状況で打席が回ることが多かったことも打点数アップに大きく関係している。

 バレンティンの打席内での変化も打点アップに繋がっているのではないだろうか。10月13日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター CSファーストステージ ヤクルト-巨人戦 第1戦』で解説を務めた江本孟紀氏は「バレンティンは打撃自体の考え方が上手くなったというか、追い込まれるまでは振り回しておいて、四球になる前にファウルを打つ。ああいうテクニックが上手くなりましたよね」と絶賛した。

 シーズン自己最多タイとなる131打点をマークし打点王を獲得したバレンティン。来季以降も、勝負強い打撃に注目だ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM