ニュース

調子に乗れるか?!侍の主砲・山川に復調の兆し

無断転載禁止
侍の“主砲”山川は、この日の一発で「調子にのる」ことができるのか注目だ
2018日米野球・第3戦
● 侍ジャパン 3 - 7 MLBオールスター ○
<11月11日 東京ドーム>

 第2戦の試合前、自ら「状態は良くない」と語っていた侍ジャパンの“主砲”山川穂高が復調の気配を感じさせる一打を放った。

 この日、発表されたスターティングラインナップには、日米野球直前のチャイニーズ・タイペイ戦から侍ジャパンの中軸として期待を寄せられ、3試合連続でクリーンナップの一角に名を連ねていた山川の名前が外れていた。稲葉監督は試合前、「状態も含めて精神的に少しリラックスという意味も込めて」と語ったが、4番で出場した第1戦の9回には、一発でれば同点という場面で代打を送られるなど、本調子からは程遠い状態。しかし、第3戦は9回二死一塁から代打で登場すると、3ボール2ストライクからの7球目を右中間に弾き返した。

 「追い込まれ逆方向を狙っていた」一打が、狙い通りの適時二塁打となって結実。ポイントになったのは、金子誠ヘッドコーチとのアーリーワークで取り組んだ「スローボールをひきつけて引っ張らない練習」だった。身体の開きが早いことや、ボール球に手を出していることを指摘され、取り組んだ「ボールを引きつける」意識こそが、日本ではあまり目にしない手元で動くボールを「ミートできる一番の方法」だったという。

 「普段チームでやってることが出来ない自分がいたりする」と苦しんでいた侍の主砲が、「この3試合戦ってみてやはり、難しさと貫くことの大切さを感じた」と語り、アーリーワークの取り組みによって「最後の一本でボールの見え方も全然違った」と手応えを口にした。

 「とにかくジャパンは勝つことが一番だと思っているので、勝つために何でもやるつもりで頑張ります」。力強くそう語った山川の復調に大きな期待がかかる。

 侍ジャパンは12日の移動日を挟み、13日は広島のマツダスタジアムで、14日と15日はナゴヤドームで、引き続きMLBオールスターチームとの日米野球に挑む。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西