ニュース

西武のドラ1・松本航が入団合意「一員になった緊張感で身が引き締まる」

無断転載禁止
西武との交渉後にホテル内の庭園にある神社の前でポーズをとる松本航(日体大)

西武がドラ1右腕と合意


 西武は13日(火)、今秋のドラフトで1位指名した松本航投手(日体大)との入団交渉に臨み、同選手から入団の内諾を得たことを発表した。

 入団交渉後、西武の渡辺久信シニアディレクター(SD)と共に登場した松本は、現在の心境について「昔からの夢であったプロ野球選手になれた嬉しさと、チームの一員になったという緊張感で身が引き締まる。楽しみな心境です」と率直な思いを語り、「まずはしっかり身体づくりをして早くチームに馴染んでチームの勝利に貢献できるように」と足元を見つめた。

 ドラフト時に語っていた「新人王」についても触れ、「(目標を)大きく持ち、それに負けないような練習や努力をしていきたい」という意味を込めて、あらためて目標の1つに「新人王」を掲げた。

 また「パワーがあるピッチャ-ではないと自覚している」176センチの右腕は、「全身を使った、身体をロスなく最大限に使う」練習の中で磨きをかけたストレートが持ち味であることを自負しており、プロの世界でも「しっかり自分のベストボールが投げれるように頑張っていきたい」とコメント。「回転数が多いということなので、伸びのあるストレートを投げ込めるようにしっかり練習していきたい」と意気込んだ。


対戦したいのはパを代表する2選手


 西武というチームついては「バッティングが良くて勢いがある。明るく雰囲気が良い」との印象を述べ、「同じ兵庫出身の栗山さんだったり、中学校のチームの先輩でもある田村さんに話を聞いて早くなじめるようにやっていきたい」との思いを口にした。また、打者である栗山には「打撃の考え方などを聞いてピッチングの参考にできれば」とあらゆることを吸収しようという貪欲な姿勢も。

 対戦してみたい打者には、「抑えるイメージは全然湧いてこないけど」と前置きしたうえで、日米野球でも活躍している柳田悠岐選手(ソフトバンク)の名前を挙げ、「勝負できる位置まで持っていって自分のボールで勝負できれば」と一言。さらに「フォームを参考にしている」という楽天の則本昂大選手とも「投げ合いたい」と話し、リーグを代表する両選手との対戦を楽しみにした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西