ニュース

侍J、菊池の決勝スクイズで逆転勝ち MLBは前田が2回0封も逃げ切り失敗

無断転載禁止
MLB選抜の一員として広島時代の同僚・菊池と対戦する前田健太
2018日米野球・第4戦
● MLBオールスター 3 - 5 侍ジャパン ○
<11月13日 マツダスタジアム>

 侍ジャパンが鮮やかな逆転勝ち。日米野球の対戦成績を3勝1敗とした。

 先攻の侍ジャパンは7回まで無得点。しかし2点を追う8回、1番・秋山(西武)が左翼線を破るランニング本塁打を放ち反撃を開始した。

 再び2点ビハインドで迎えた9回は、先頭の代打・田中和(楽天)が、四球と二盗でチャンスメイク。無死二塁から、7番・上林(ソフトバンク)の中前適時打で1点差とした。8番・会沢(広島)が犠打を決め一死二塁としたあと、9番・田中広(広島)が同点となる適時打を中前へ。その後、田中広の二盗と敬遠などで一死一、三塁となり、2番・菊池(広島)が決勝点となるセーフティスクイズを決めた。

 さらに、3番・柳田(ソフトバンク)の遊ゴロの間に5点目。侍ジャパンは小技と機動力を絡めながら、8回以降に一挙5点を奪った。

 投げては地元登板となった先発・大瀬良(広島)が、5回2安打1失点とゲームメイク。2点リードの9回は、山崎(DeNA)が無失点で締めた。

 MLB選抜は、先発投手を務めた前田(ドジャース)が、かつての本拠地で2回1安打2奪三振無失点の好投。メジャー通算37勝の実績を作った右腕は、降板後「かつてプレーしたグラウンドに戻ってこられたのはすごく楽しかったです。ファンに僕のピッチングを見せられてよかったです」と話した。

 打線は2回、7番・ホスキンス(フィリーズ)の右越えソロで先制。7回は5番・ソト(ナショナルズ)の適時二塁打で2点目、2-1の8回は3番・サンタナ(フィリーズ)の左犠飛で再び2点差としたが、9回に救援陣が逆転を許した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西