ニュース

力投見せた大瀬良大地 “先輩”に「少し成長した姿を見せられたかなと」

無断転載禁止
先発した大瀬良大地

「強気に自分らしい投球ができた」


 『2018 日米野球』の第4戦が広島・マツダスタジアムで行われ、侍ジャパンが5-3で逆転勝利。シリーズの対戦成績を3勝1敗とした。

 先発した大瀬良大地(広島)にとっては“ホームゲーム”であったものの、今回は日の丸を背負っての登板。本人も「カープファンの多い球場で、マエケンさん(前田健太)との投げ合い…。普段とは違うプレッシャーのなかのマウンドでした」と振り返る。

 それでも、「内角を突いて詰まらせる打球もありました」と強打者の対戦のなかで得た手応えを口にしつつ、「一発は打たれてしまったんですけど、その後も強気に自分らしい投球ができたかなと思っています」と収穫を語った。

 試合後の会見では、やはり“先輩”に関する質問が集中。改めて、前田健太との投げ合いとなったことについては、「カープの時は野球でも、プライベートでもたくさんお世話になった先輩。マエケンさんがアメリカに渡ってから、なんとか良い姿を見せたいと思って頑張っていた」と語り、「それがこういった形でまたグラウンドで会うことができて、まさか投げ合うことが出来るとは思ってもいなかったので、こういった機会に恵まれたことに感謝です」と喜びのコメント。「自分らしいピッチングも出来たので、少しは成長した姿を見せられたかなと思っています」と笑顔を見せた。

 また、違うベンチから見た前田の投球には、「全然違うなと思って横から見ていました」。「まっすぐの力強さだったり、チェンジアップもみんな対応しきれていなかったので、そういう姿を見せられて、僕もまだまだ足りないなと思わせてもらいました」と気を引き締めた。



ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西