ニュース

マッティングリー監督、“悪夢の9回”に「驚かされることがあったとは思っていないが…」

無断転載禁止
MLBオールスターチームを率いるドン・マッティングリー監督

「非常に良い試合ができたと思う」


 『2018 日米野球』の第4戦が広島・マツダスタジアムで行われ、MLBオールスターチームは3-5で逆転負け。シリーズの通算成績は1勝3敗となった。

 MLBオールスターチームを率いるドン・マッティングリー監督は、今シリーズ初の“屋外球場”でのゲームを振り返って「雰囲気がとても素晴らしかった。少し寒かったがそれほど影響はなかったと思う。非常に良い試合ができたと思う」とコメント。「マエダが先発して2回をしっかり抑えてくれたし、その後も投手陣は大きなアウトを立て続けにとってくれた。なんとか勝ちたかったが、残念ながらリードを守ることはできなかった」と総括した。

 9回、試合をひっくり返した日本の攻撃について聞かれると「私が見ている限りは良くなかったと思う。……相手の攻撃だからね」と笑いを誘いつつ、「ああいったスタイルはこのシリーズを通してたくさん見てきた。慣れてきているんだ。日本の野球というのはしっかり走者を進めていく、そういった話も聞いていた。なので驚かされるようなことがあったとは思っていない」と虚を突かれたようなことはなかったと説明。

 つづけて「我々の守りもそれなりに良い形で守れていたと思う。(一塁手の)サンタナの動きも良かった。だが、結果は良い方に向かなかった。日本が良い形で粘り、良い形でヒットを打った。良い打球を飛ばすという部分で我々を上回っていたということ」と淡々と振り返った。


ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西