ニュース

解説陣も高評価の丸佳浩の打撃力

無断転載禁止
広島・丸佳浩
 広島の丸佳浩が今季取得した国内FA権を行使する意向を表明した。

 丸は2013年にレギュラーに定着し盗塁王に輝くと、翌14年以降はチームの主力に成長。16年からは不動の3番打者として、リーグ3連覇に大きく貢献し、今季は故障で離脱した時期もあったが、打率.306、39本塁打、97打点と、本塁打、打点はシーズン自己最多の成績を残した。

 ニッポン放送ショウアップナイター解説陣も丸に対する打撃の評価は非常に高い。4月26日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-広島戦』で解説を務めた若松勉氏は「うってつけの3番バッター」と評価し、「塁に出れば意表を突いたスチールだとか、本当に三拍子そろった素晴らしい選手ですよ」と称賛。さらに若松氏は「(現役の左打者では)セ・リーグでナンバー1だと思いますね」と手放しで褒めた。

 4月13日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた野村弘樹氏は「練習量を含めて成長だと思います。良いバッターになったと思います」と話し、「ヒーローインタビューで顔の大きい丸ですと言ったのを覚えていて、おもしろいことを言うなと。それが何年前かというところですけどね」とデビュー当時の丸を懐かしむとともにその成長に目を細める。

 8月28日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた江本孟紀氏は「ホームランボールみたいな球ですよ。センター返しにしてバッティングを維持している。こういうところができているんですよ」と点差が開いたあとでも、大振りにならない打撃を褒めた。

 チームの顔となった丸は広島に残留するのか、それとも他球団に移籍するのか…。丸の今後の動向から目が離せない。

▼ 丸佳浩
今季成績: 125試 率.306 本39 点97
通算成績:1089試 率.280 本147 点540

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM