ニュース

メジャーのMVPにベッツとイエリチ 両リーグの首位打者がともに初受賞

無断転載禁止
ア・リーグのMVPに輝いたムーキー・ベッツ(レッドソックス)

両リーグとも首位打者の選手がMVPに


 MLB・2018年シーズンの最優秀選手(MVP)が現地時間15日(日本時間16日)に発表され、ア・リーグはムーキー・ベッツ(レッドソックス)、ナ・リーグはクリスチャン・イエリチ(ブリュワーズ)がともに初受賞を果たした。

 ベッツはアメリカ・テネシー州出身の26歳外野手。今季は136試合の出場で打率.346をマークし、ア・リーグの首位打者を獲得。さらに32本塁打、80打点とこちらも申し分ない数字を残し、チームのワールドチャンピオンに大きく貢献した。

 イエリチはアメリカ・カリフォルニア州の出身で、この12月で27歳を迎える外野手。こちらも147試合の出場で打率.326を記録し、ナ・リーグの首位打者を獲得。奇しくも両リーグとも首位打者を獲得した選手がMVPに輝くという結果になった。36本塁打、110打点とすべてにおいてキャリアハイの成績をマーク。移籍1年目からチームに欠かせない存在となった。

 30人の記者による投票で決められるMVP投票において、ベッツは1位票を28票(得票率93.3%)、イエリチは29票(得票率96.6%)も獲得。圧倒的な指示を集め、両者とも文句なしの受賞となった。


ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西