ニュース

ヤクルトが寺原を獲得!坂口、近藤らに続いて復活なるか?!

無断転載禁止
ソフトバンクを戦力外となりヤクルトへの入団が決まった寺原隼人

「BB/9」の改善が課題か


 昨シーズンの最下位から巻き返し、今シーズンは2位でフィニッシュしたヤクルト。このオフは比較的静かなストーブリーグを過ごしている。

 気になる外国人選手の去就を見ても、デービッド・ブキャナンが残留。ウラディミール・バレンティンが残留濃厚となっており、軸となる選手はすでに揃っている。ここから獲得するにしても、超大物との契約とはならないだろう。

 ここまで主だった補強といえばドラフト会議で指名した10名(育成含む)のみ。しかし、ここにきてソフトバンクを戦力外となっていた寺原隼人(35)の獲得を発表した。今シーズンの寺原は中継ぎとして21試合(26.1回)に登板し、4ホールド、防御率2.39と一定の成績は残している。

 しかし、WHIP(1回あたりに何人の走者を出したかを表す指標)を見ると1.63と少し心もとない。その原因はBB/9(1試合当たりどれだけの四球を与えるかを示す指標)にある。今シーズンの寺原は26.1回で18与四球とBB/9は6.15。仮に完投したら6個から7個の四球を与える計算だ。これはリリーフであることを考えても少し多い。制球面がもう少し安定すれば、中継ぎ陣の一角として復活できる可能性もありそうだ。

 ヤクルトでは、他球団で戦力外となった選手やトレードで移籍してきた、いわゆる「外様」と呼ばれる選手たちが結果を残しており、そういった土壌があることも心強い。特にパ・リーグからやってきた選手が多く、今年リリーフ陣の一角として素晴らしい活躍を見せた近藤一樹は、寺原と同学年でオリックス時代の同僚でもある。

▼ 今シーズンの成績
寺原隼人(ソフトバンク)
21試合 0勝0敗4H 防2.39


坂口や近藤ら外様のベテランが復活


 近年、自由契約からヤクルトに入団し、結果を残した選手の筆頭格といえば、坂口智隆になるだろう。

 2015年オフにオリックスを自由契約となった坂口は、3年連続で規定打席に到達。今シーズンは、青木宣親の加入もあって一塁にコンバートされたが、打率.317と2010年以来8年ぶりとなる3割超えをマークした。また、出塁率.406は自身初の4割超え。2位に躍進したチームになくてはならない存在として活躍した。

 昨シーズンオフに西武を戦力外となり、ヤクルトへ移籍してきた田代将太郎も輝きを放った。外野の守備固めや代走といった役割を掴むと、キャリアハイとなる73試合に出場。打席数(36打席)は少ないものの、打率.323と打撃面でもアピールした。今シーズンは10安打を放ち、西武での6年間で積み上げた7安打を1年で更新したことになる。

 投手陣ではトレードでの加入だが、近藤一樹が復活した。2016年途中に交換トレードでオリックスからやってきた近藤。移籍2年目となる2017年に中継ぎとして好投を見せると、今シーズンはセットアッパーとして、チーム最多の74試合に登板。42HP(7勝35H)で「最優秀中継ぎ」のタイトルも獲得した。17年目にして初のタイトルでもあり、移籍が大きな転機となった好例と言えるだろう。

 今シーズン限りで戦力外となってしまったが、大松尚逸や鵜久森淳志といった選手たちも「ここぞ」の場面で力を発揮し、印象に残る一打を放った。

 このようにヤクルトは移籍組が活躍しやすい土壌がある。寺原も先人の外様勢に続いて、ヤクルト再生工場で好結果を残せるか注目だ。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西