ニュース

新球にも挑戦中!西武・野田が抱負「自分で納得できる試合を増やしたい」

無断転載禁止
トークショーに登場した野田

「躍動感を見てほしい」


 西武の野田昇吾投手(25)は1日、西武鉄道をはじめとする西武グループ社員とその家族向けに行われたイベント『Smile Family Festival 2018』にゲストとして出演。来季に向けた決意を述べた。

 「今年は優勝することができたが、もっと自分で納得できる試合を増やしたい」と語る左腕。今季はキャリア最多を大きく更新し、チームで2番目に多い58試合に登板するなどの活躍を見せたが、まだまだ物足りない様子。来季については「躍動感を見てほしい」と見どころを挙げ、「三振を獲ったら叫ぼうと思います」とパフォーマンスにも意欲を見せる。

 また、「チェンジアップを習得して投球の幅を広げたい」と語り、現在は“新球”の練習中とのこと。飛躍につながる新たな武器となるか、こちらも注目だ。


 なお、イベントでは先日発表されたばかりの西武鉄道の新型特急車両「Laview(ラビュー)」についての話題も。ルーキーイヤーには西武鉄道をよく利用していたという野田は、新車両の写真に興味津々。続けて、「ぜひ皆さんにはLaviewの綺麗なシートで、ゆったりメットライフドームに来てほしいですね」と語った。


ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西