ニュース

すべてがケタ違い!メジャーの“大型契約”ランキング

無断転載禁止
動向に注目が集まるマニー・マチャド
 “アメリカン・ドリーム”をその手に――。
自由の国・アメリカは野球選手の年俸もケタ違い。
毎年オフの時期になると、注目選手に対しては
複数年で総額“3ケタ億円”を超えるような超大型契約も珍しくない。

 “野球とお金”をテーマに展開してきた“グラゼニ特集”
今回もメジャーのお金事情について。
12月に入り、熱を帯びてくるFA戦線から
目玉選手2人が更新すると言われている
「メジャーの大型契約」についてまとめてみた。



想像もつかないような大金


 野球界は本格的なオフシーズンを迎え、この時期盛り上がるネタといえば“契約”についての話。特にアメリカ・メジャーリーグのスーパースタークラスとなれば、その金額もケタ違いで毎年驚かされる。

 とくにFAが絡んだ際の長期契約は天井知らずに金額が釣りあがる傾向があり、たとえば今オフの目玉とされるブライス・ハーパー(ナショナルズ)やマニー・マチャド(ドジャース)といったところになると、総額4億ドル(約451億4000万円)以上の決着になるのではないかとの予測も出ているほどだ。

 これまでの大型契約における最高額(※年平均でなく全体の金額)が、2014年にジャンカルロ・スタントン(現ヤンキース)が当時在籍していたマーリンズと結んだ13年総額3億2500万ドルというもの。現在のレートで日本円にして約366億円。まるで想像がつかない数字だが、ハーパーやマチャドはこれを上回るのでは、と言われているから恐ろしい。

 昨オフまでの時点での、メジャーリーグにおける大型契約をランキングにすると以下のようになる。


【MLB・歴代大型契約ランキング】

▼ 1位 ジャンカルロ・スタントン(マーリンズ)
☆13年・3億2500万ドル(約366億8000万円)

▼ 2位 ミゲル・カブレラ(タイガース)
☆10年・2億9200万ドル(約329億5000万円)
※以前から契約していた8年契約の残りを含む

▼ 3位 アレックス・ロドリゲス(ヤンキース)
☆10年・2億7500万ドル(約310億3000万円)

▼ 4位 アレックス・ロドリゲス(レンジャーズ)
☆10年・2億5200万ドル(約284億4000万円)

▼ 5位 ロビンソン・カノ(マリナーズ)
☆10年・2億4000万ドル(約270億8000万円)

▼ 5位 アルバート・プホルス(エンゼルス)
☆10年・2億4000万ドル(約270億8000万円)

※所属は契約当時
※レートは12月7日時点(1ドル=112.864円)で換算


 3億ドルの大台を超えたのはスタントンだけ。ただし、2位以下は全員が10年契約となっており、年換算にするとスタントンは約28億2000万円となるのに対し、2位のカブレラが約32億9000万円でスタントンを上回る。

 なお、現役選手に限定すればカノとプホルスが3位タイに繰り上がり、5位にはレッズのジョーイ・ボットが
10年総額2億2500万ドル(約253億9000万円)でランクインしてくる。


年平均では?


 では、年平均にした時のランキングはどうなるか。データサイト『Spotrac』から、12月現在のMLBの来季推定年俸ランキングもチェックしておこう。


【MLB・2018年現役選手年俸ランキング】

▼ 1位 スティーブン・ストラスバーグ(ナショナルズ)
☆来季年俸:約3833万ドル(約43億2000万円)

▼ 2位 マックス・シャーザー(ナショナルズ)
☆来季年俸:約3740万ドル(約42億2000万円)

▼ 3位 ザック・グリンキー(ダイヤモンドバックス)
☆来季年俸:約3450万ドル(約38億9000万円)

▼ 4位 マイク・トラウト(エンゼルス)
☆来季年俸:約3408万ドル(約38億4000万円)

▼ 5位 デービッド・プライス(レッドソックス)
☆来季年俸:約3100万ドル(約34億9000万円)


 トップ2はナショナルズの投手。ストラスバーグとシャーザーは何と年俸40億円。NPBではほとんどの球団をまるっとまかなえてしまうような金額だ。

 まさに“アメリカン・ドリーム”…。ハーパーやマチャドはどこにランクインしてくるのか。この冬の大きな見どころになる。



ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西