ニュース

2018年「注目の大記録」、どれだけ達成された? ~野手編~

無断転載禁止
通算2000安打を達成し、同級生の松井稼頭央から花束を受け取って笑顔を見せる福浦 (C) KYODO NEWS IMAGES

2018年に生まれた大記録


 いよいよ2018年も残り2日。“平成最後のペナントレース”となる2018年シーズン、プロ野球界では今年も様々な記録が誕生した。

 なかでも大きなものといえば、今季限りで現役を引退した中日・岩瀬仁紀の「1000試合登板」だろう。シーズン開始前の時点で残り46試合。前年50試合に登板したとはいえ、かんたんなラインではなかったのだが、9月28日の試合で偉業を達成。それも、1点差の9回を締めてセーブを挙げ、自身が持つNPB最多セーブの記録をまたひとつ更新するという快挙のオマケ付きで自ら偉業に花を添えた。

 今回は岩瀬の記録のほか、2018年シーズン開幕前に「達成が期待される記録」として注目されたものがどれだけ達成されたのかをまとめてみた。


「達成が期待されていた記録」打者編


 まずは達成者が50人以下の打者の個人記録をまとめてみた。なお、達成までの数字はシーズン開始前時点のもので、所属チームは2018年シーズンのもの。


▼ 通算2000試合出場
あと26 試合 鳥谷敬(阪神)
あと117試合 松井稼頭央(西武)

☆達成者:鳥谷敬

 鳥谷は5月4日の中日戦で記録達成。連続試合出場の記録は歴代2位となる1939試合でストップとなるも、今季も121試合の出場した。一方、古巣・西武に復帰した松井稼頭央は30試合の出場にとどまり、記録達成はならず。今季限りで現役を引退した。


▼ 通算1000得点
あと32得点 鳥谷敬(阪神)
あと41得点 阿部慎之助(巨人)
あと57得点 荒木雅博(中日)
あと76得点 福留孝介(阪神)

☆達成者:なし

 シーズン開始前、4人が達成を予想された「1000得点」は、残念ながら達成者なし。ただし、荒木は現役を引退したものの、鳥谷は残り「17」、阿部は残り「19」、福留も残り「19」としており、来季は達成ラッシュに期待がかかる。


▼ 通算2000安打
あと25本 内川聖一(ソフトバンク)
あと38本 福浦和也(ロッテ)

☆達成者:内川聖一、福浦和也

 名球界入りの条件にもなっている通算2000安打は、シーズン前から名前が挙がっていた両名とも見事に達成。内川は5月9日の西武戦、福浦は9月22日の西武戦と、共に西武相手での達成となった。


▼ 通算450二塁打
あと40本 松井稼頭央(西武)

☆達成者:なし

 過去に元中日・立浪和義のみが達成している大記録だが、残念ながら達成ならず。松井は歴代9位にあたる411二塁打で現役を引退した。


▼ 通算400二塁打
あと16本 新井貴浩(広島)
あと16本 福浦和也(ロッテ)
あと48本 福留孝介(阪神)

☆達成者:なし

 3人に期待がかかった通算400二塁打も達成者なし。新井は現役を引退したが、福浦は残り「12」、福留は残り「22」とまだチャンスが残されている。


▼ 通算350二塁打
あと9 本 阿部慎之助(巨人)
あと16本 鳥谷敬(阪神)
あと25本 内川聖一(ソフトバンク)
あと39本 今江年晶(楽天)
あと41本 中島宏之(オリックス)
あと45本 栗山巧(西武)

☆達成者:なし

 通算350二塁打も、残念ながら達成者は出ず。ただし、阿部は残り「3」、鳥谷も残り「5」まで迫っており、期待は来季に引き継がれる。


▼ 通算400本塁打
あと12本 阿部慎之助(巨人)
あと43本 中村剛也(西武)

☆達成者:なし

 両者ともに届かなかったが、阿部は残り「1」とリーチ。中村も残り「15」とその数を順調に減らしており、こちらも来季に期待がかかる。


▼ 通算350本塁打
あと35本 新井貴浩(広島)

☆達成者:なし

 今季4本の本塁打を放ち、通算319本塁打とした新井だったが、今季限りで現役を引退。残念ながら達成はならなかった。


▼ 通算300本塁打

あと44本 福留孝介(阪神)

☆達成者:なし

 今季は14本の本塁打を放ち、残り「30」とした福留。一気に達成は難しいかもしれないが、あと2年このペースを続ければ目標は大きく近づいてくる。


▼ 通算3500塁打
あと273塁打 松井稼頭央(西武)

☆達成者:なし

 過去29人が達成した3500塁打だが、候補となっていた松井は届かずに現役を引退となった。


▼ 通算1000打点
あと31 打点 中村剛也(西武)
あと74 打点 福留孝介(阪神)
あと76 打点 福浦和也(ロッテ)
あと114打点 内川聖一(ソフトバンク)
あと120打点 中島宏之(オリックス)
あと165打点 松井稼頭央(西武)

☆達成者:中村剛也

 こちらは中村が8月7日のオリックス戦で達成。ほかの選手は残念ながら届かなかったものの、福留は今季72打点で残り「2」。来季の達成が濃厚だ。


▼ 通算400盗塁
あと22盗塁 荒木雅博(中日)
あと38盗塁 松井稼頭央(西武)

☆達成者:なし

 過去に7人しか達成していない大記録だが、残念ながら両選手ともに達成できず。共に2018年シーズン限りで現役を引退した。


▼ 通算350盗塁
あと13盗塁 本多雄一(ソフトバンク)

☆達成者:なし

 記録まで目前に迫っていた本多だったが、今季はシーズン序盤で離脱。残念ながら復帰することなく、そのまま引退となってしまった。


▼ 通算300盗塁
あと34盗塁 糸井嘉男(阪神)

☆達成者:なし

 残念ながら達成できなかった糸井だが、今季は22盗塁を記録。達成まで残り「12」と目前に迫っている。


▼ 通算50盗塁
あと34盗塁 田中賢介(日本ハム)

☆達成者:なし

 田中は今季67試合に出場して盗塁はゼロ。来季限りでの現役引退を表明しており、記録達成は難しいか。


▼ 通算300犠打
あと6 犠打 細川亨(楽天)
あと17犠打 荒木雅博(中日)
あと30犠打 今宮健太(ソフトバンク)

☆達成者:なし

 細川は残り6犠打だったが、今季は2試合の出場に留まり記録達成ならず。新天地・ロッテでの達成なるか、注目が集まる。また、若くしてハイペースでその数を積み上げてきた今宮も、残り「8」と達成間近だ。


▼ 通算250犠打
あと12犠打 本多雄一(ソフトバンク)
あと23犠打 大引啓次(ヤクルト)
あと30犠打 菊池涼介(広島)
あと39犠打 藤田一也(楽天)

☆達成者:菊池涼介

 残り「30」でスタートした広島の菊池が、9月29日の巨人戦で見事に記録達成。ほかの選手では、藤田が残り「22」として来季に期待を持ち越している。


▼ 通算200犠打
あと7 犠打 中島卓也(日本ハム)
あと7 犠打 炭谷銀仁朗(西武)
あと13犠打 嶋基宏(楽天)
あと19犠打 渡辺直人(楽天)
あと24犠打 田中賢介(日本ハム)
あと30犠打 安達了一(オリックス)
あと30犠打 鶴岡慎也(日本ハム)
あと39犠打 大和(DeNA)
あと48犠打 石川雄洋(DeNA)

☆達成者:中島卓也、嶋基宏

 ここは中島と嶋の2人が達成。未達成選手の中では、炭谷が今季3つの犠打を記録して残りは「4」。新天地・巨人での達成に期待がかかる。


▼ 通算150死球
あと4 死球 阿部慎之助(巨人)
あと20死球 中島宏之(オリックス)

☆達成者:なし

 過去4人しか達成していないという意外な大記録。阿部は今季2つの死球で残り「2」と前進。中島は3つ上積みして残り「17」とした。


▼ 通算100死球
あと4 死球 渡辺直人(楽天)
あと7 死球 福浦和也(ロッテ)
あと10死球 糸井嘉男(阪神)
あと24死球 中村剛也(西武)
あと27死球 今江年晶(楽天)
あと29死球 新井貴浩(広島)
あと29死球 青木宣親(ヤクルト)

☆達成者:なし

 こちらは候補こそ多く挙がっていたものの、達成者はなし。渡辺と糸井が残り「2」と迫っており、引き続き注目だ。


▼ 通算1500三振
あと10三振 中村剛也(西武)

☆達成者:中村剛也

 中村は今季112三振を記録し、史上13人目の1500三振を記録。今季終了時点で1602三振までその数は増えており、清原和博が持つ歴代最多1955三振を更新する可能性も大いにある。


文=中田ボンベ@dcp


ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西