ニュース

広島から他球団へFA移籍した野手1年目の成績は?

無断転載禁止
新加入の丸と笑顔でグータッチする原辰徳監督 (C) KYODO NEWS IMAGES
今オフ広島からFA宣言した丸佳浩は、巨人へ移籍した。

 丸は広島の3番打者として、リーグ3連覇に大きく貢献。18年4月26日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-広島戦』で解説を務めた若松勉氏は「うってつけの3番バッター」と評価し、「塁に出れば意表を突いたスチールだとか、本当に三拍子そろった素晴らしい選手ですよ」と称賛。さらに若松氏は「(現役の左打者では)セ・リーグでナンバー1だと思いますね」とべた褒めした。

 打撃技術の高い丸が移籍となる巨人でも、同じような活躍を見せるか気になるところ。過去広島からFAで移籍した野手を調べてみると、江藤智氏、金本知憲氏、新井貴浩氏、木村昇吾氏の4人いる。江藤氏は丸と同じように、99年オフにFA宣言し広島から巨人へ移籍した。

 江藤氏が現役のとき、広島の本拠地が広島市民球場だったことに加え、交流戦などがなく、現在のプロ野球と単純に比較はできない。ただ、巨人が伝統のある球団であることは今も昔も変わっていない。巨人は常に優勝が求められ、選手も結果を出すのが当たり前と、ややプレッシャーのかかる球団ともいえる。

 その中で江藤氏は、広島の最終年よりも打率を.291から.256に落としたが、32本塁打、91打点は前年を上回る成績を残した。リーグ優勝を決めた中日戦では0-4の9回に起死回生の同点満塁本塁打を放った。

 巨人でも広島時代と変わらぬ活躍が期待される丸は、巨人ファンを満足させる成績を残すことができるだろうか。

江藤智(広島 → 巨人)
移籍前:121試 率.291 本27 点79(99年)
移籍後:127試 率.256 本32 点91(00年)

金本知憲(広島 → 阪神)
移籍前:140試 率.274 本29 点84(02年)
移籍後:140試 率.289 本19 点77(03年)

新井貴浩(広島 → 阪神)
移籍前:144試 率.290 本28 点102(07年)
移籍後: 94試 率.306 本 8 点59(08年)

木村昇吾(広島 → 西武)
移籍前:72試 率.269 本0 点8(15年)
移籍後:38試 率.221 本0 点5(16年)

丸 佳浩(広島 → 巨人)
移籍前:125試 率.306 本39 点97(18年)
移籍後:?

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM